からだのあたためかた・冷やしかた

 あたためたり、冷やしたりする方法を罨法(あんぽう)と呼びます。からだの一部に温熱刺激あるいは寒冷刺激を与えて、循環器系や神経系、あるいは筋肉組織に作用させる方法です。熱が高いときには冷やして安楽にしたり、痛みのある部分を湿布して苦痛をやわらげたりします。

■あたためる方法
 あたためる方法には湯たんぽ、電気あんか、カイロ(使い捨てのカイロも含む)、電気毛布などを用いる方法があります。
 保温や安楽にするために用いますが、注意することは、あんかや湯たんぽは長時間直接肌に触れると、低温でもやけどをすることがありますから、からだから10cmくらい離して当てます。
 使い捨てのカイロは便利です。おなかがはって苦しいときなども、肌着の上から当てると、ガスが膨張し、腸の動きを増し、排ガスをうながす効果があります。

■冷やす方法
 冷やすには、氷枕あるいは冷却枕、氷嚢(ひょうのう)、冷湿布などを用います。発熱時に氷枕や氷嚢を頭部に用いても体温は下がりませんが、局所の皮膚温を下げて、気持ちよさを与え、頭痛をやわらげる効果があります。
 体温を下げるときは、さむけがなければ、上掛けを薄くしたり、ぬるめのお湯でからだ全体をふく方法が適しています。

□氷枕
 最近は冷却枕を使用することが多くなりました。冷凍庫で凍らせてもかたくならないものが使いやすいようです。
1.氷の角が気になる場合は、氷をざるに入れ、水をかけて角をとります。
2.氷枕に2分の1から3分の2まで氷を入れ、コップ1~2杯の水を入れます。
3.氷枕の中から空気を出すため、氷枕の口もとまで水を出し、氷枕を押さえて空気を出し、留め金でとめます。
4.逆さにしても水が漏れないことを確かめ、乾いたタオルで氷枕の外側をふき、中の氷を安定させ、バスタオルなどにくるんで当てます。このとき肩を冷やさないように気をつけます。

□冷却シート
 ひたいの部分に貼る使い捨てのシートで市販されています。種類は大人用から子ども用までさまざまあります。