山根禎一 医師 (やまねていいち)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 循環器内科
  • 教授 診療副部長

循環器科 内科

専門

不整脈

山根禎一

東京慈恵会医科大学附属病院循環器内科では、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患から、心臓弁膜症、心筋症、心不全、先天性心臓病、不整脈、肺塞栓症、大動脈疾患、末梢血管疾患など多肢にわたる疾患を診療している。さらに、予防医学の観点から高血圧、高脂血症などの生活習慣病の治療にも積極的に取組んでいる。
多岐にわたる循環器疾患のすべてに最高水準の医療を提供するために、各種専門外来(ペースメーカー、不整脈アブレーション、高脂血症など)を設置している点は特色といえるだろう。
慈恵医大のポリシーは、学祖高木兼寛の建学の精神「病気を診ずして病人を診よ」に表されている。
出来るだけ全身管理も心掛け、同科だけでは対応しきれない他の疾患を併発している場合は、他の内科、あるいはそれ以外の科のサポートも得て、診療にあたっている点も特色だ。

診療を受けるには

不整脈の初診外来を金曜の午後予約のみ。紹介状持参が望ましい。再診は、月曜と金曜の午前。

医師プロフィール

1986年 浜松医科大学卒業、東京厚生年金病院で一般内科研修
1991年 東京医科歯科大学大学院(難治疾患研究所)で基礎医学研究
1995年 土浦協同病院にてカテーテルアブレーション研修
1999年 仏国ボルドー大学循環器病院留学
2001年 東京慈恵会医科大学循環器内科講師
2006年 東京慈恵会医科大学循環器内科准教授
2014年 東京慈恵会医科大学循環器内科教授

所属学会

日本内科学会(専門医)、日本循環器学会(専門医)、日本不整脈学会(評議員)、日本心電学会(評議員)

主な著書

『こうすればうまくいく 心房細動の治し方、付き合い方』(2014年 中外医学社) 
『心房細動カテーテルアブレーション』(2013年メディカルビュー社) 
『その心房細動、治しますか?付き合いますか?』(中外医学社 2010年)
『心房細動アブレーションを究める』(編 メディカルビュー社 2009年) 
『一冊でわかる不整脈のカテーテル・デバイス治療:手技の基本から最新治療まで』(共編 南江堂 2010年) 
『カテーテルアブレーション実践テクニック』(2012年 メディカルビュー社) 
(更新日:2014年5月19日)

同じ疾病を専門とする医師一覧