沖重薫 医師 (おきしげかおる)

横浜市立みなと赤十字病院

神奈川県横浜市中区新山下3-12-1

  • 循環器内科
  • 主任部長

循環器科 内科

専門

臨床不整脈、心臓性突然死、特発性心筋症、カテーテル・アブレーション手術

沖重薫

沖重薫医師は、不整脈の根治療法である「カテーテル・アブレーション」のほか、薬物療法に関しても積極的に取り組み、高い評価を得ている。所属する横浜市立みなと赤十字病院循環器内科は「カテーテル・アブレーション」を日本で初めて成功させ、その後も他施設において不成功に終わった難渋例を多く手掛けてきた。その成績においては海外にも知られている。現在、国内では多くの心臓病専門病院と共同研究、海外ではStanford大学とも共同研究を行い、日常臨床のみならず研究活動にも精力的に取り組んでいる。

診療内容

「カテーテルアブレーション」のほか、薬物療法に関しても積極的に取り組み、高い評価を得ている。今後は、さらに臨床レベルを世界トップクラスまで高め、多くの若い専門医が研修を希望するような施設になるべくさらなるグレードアップを図っている。 現在、国内では多くの心臓病専門病院と共同研究、海外ではStanford大学医学部循環器内科不整脈部門とも共同研究を行い、日常臨床のみならず研究活動にも精力的に取り組んでいる。

医師プロフィール

1955年 福岡県生まれ
1981年 東京医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学麻酔科に入局。東京医科歯科大学循環器内科勤務を経て
1989年~1992年まで米国ハーバード大学心臓内科部門客員研究員。現在、横浜市立みなと赤十字病院心臓病センター長、東京医科歯科大学循環器内科臨床教授

「不整脈」を専門とする医師