相澤義房 医師 (あいざわよしふさ)

立川綜合病院

新潟県長岡市旭岡1-24

  • 循環器科
  • 部長

循環器科 内科

専門

不整脈、狭心症、心筋梗塞、心不全などの循環器疾患全般

相澤義房

不整脈・突然死の治療、研究におけるスペシャリスト。原因不明の突然死をきたす特発性心室細動について世界に先駆けて心電図の特徴に注目し報告した。これは最近になって世界的な共同研究で確認され、その研究にも共同研究者として名を連ねている。また自身特発性心室細動例を20年以上に渡って集め、当初から注目していた心電図の特徴的なJ波について、国の内外の研究者とも共同研究が続いている。 不整脈の心臓電気生理検査やカテーテルアブレーションについての世界初の報告もある。
新潟県中越地震直後に起きた突然死にストレスから生じた「たこつぼ心筋症」が関連することを、同センターを中心にまとめて発表するなど、患者の環境に着目した臨床研究に携わってきたことで知られる。
市民講座やセミナーで突然死予防の注意を喚起する講演に加え、心電図の読み解きを若手の医師へ指導、育成に心がけている。
これまでに、日本循環器学会などによる「心臓突然死の予知と予防法のガイドライン」では班長を務めた他、不整脈の検査や治療のガイドラインなど、不整脈の検査や治療に関するガイドラインの班員とし、現在はこれらの評価委員として参加している。

医師プロフィール

1972年3月 新潟大学医学部 卒業
1982~1983年 米国ワシントン大学留学
1995年 新潟大学医学部第1内科助教授
1996年 新潟大学医学部第1内科教授
2001年 新潟大学大学院医歯学総合研究科教授
2011年より現職(新潟大学名誉教授を兼任)
(更新日:2018年4月18日)

「不整脈」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会