吉田幸彦 医師 (よしだゆきひこ)

名古屋第二赤十字病院

愛知県名古屋市昭和区妙見町2-9

  • 第一循環器内科
  • 部長

循環器科 内科

専門

難治性不整脈・心不全の非薬物療法、心筋焼灼術(カテーテル・アブレーション)

吉田幸彦

吉田幸彦医師は、難治性の不整脈・心不全治療のエキスパート。心房細動に対するカテーテル・アブレーション(心筋焼灼術)の実績を数多くもっている。心不全に対する心臓再同期療法(両心室ペーシング)にも詳しく、安全・確実かつスピーディな治療をめざす。一般の人々に向けて不整脈の危険性を訴えるなど市民講座で講演を行う機会が多いほか、カテーテル・アブレーションの技術を若手医師らに伝承する勉強会にも講師として精力的に参加し、次世代を担う循環器医師の育成に力を注いでいる。

医師プロフィール

1989年3月 名古屋大学医学部 卒業
2008年4月 名古屋第二赤十字病院 第二循環器内科部長
2016年 名古屋第二赤十字病院 第一循環器内科部長
(更新日:2016年12月21日)

「不整脈」を専門とする医師

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会