内藤滋人 医師 (ないとうしげと)

群馬県立心臓血管センター

群馬県前橋市亀泉町甲3-12

  • 循環器内科
  • 院長

循環器科 内科

専門

不整脈、心房細動、高周波カテーテル・アブレーション(心筋焼灼術)

内藤滋人

不整脈治療に定評があり、中でもカテーテルアブレーション症例においては国内トップクラスである。カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)は心房細動をはじめとする頻脈性不整脈を根治できる可能性が高く、体の負担が少ない治療として近年成果をあげているが、カテーテルで左右の心房の壁を突き抜けなければならないため経験の浅い医師では危険を伴う。本手技に長けた内藤医師は熟練の技を持つ名医として名高い。全国の若手医師に同治療の最新手技を披露するなど、後進指導の機会も多い。

医師プロフィール

1983年 群馬大学医学部 卒業
1983年 群馬大学第二内科入局
2000年 群馬県立心臓血管センター 循環器内科第二部長
2018年4月 群馬県立心臓血管センター 院長
(更新日:2018年4月19日)

「不整脈」を専門とする医師