内藤滋人 医師 (ないとうしげと)

群馬県立心臓血管センター

群馬県前橋市亀泉町甲3-12

  • 循環器内科
  • 第二部長

循環器科 内科

専門

不整脈、心房細動、高周波カテーテル・アブレーション(心筋焼灼術)

内藤滋人

不整脈治療に定評があり、中でもカテーテルアブレーション症例においては国内トップクラスである。カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)は心房細動をはじめとする頻脈性不整脈を根治できる可能性が高く、体の負担が少ない治療として近年成果をあげているが、カテーテルで左右の心房の壁を突き抜けなければならないため経験の浅い医師では危険を伴う。本手技に長けた内藤医師は熟練の技を持つ名医として名高い。全国の若手医師に同治療の最新手技を披露するなど、後進指導の機会も多い。

診療内容

心臓の拍動が乱れ、動悸や胸の不快感を生じる不整脈。自覚のないものから発作を繰り返すものまで種類により様々である。徐脈性不整脈(脈が遅くなる)、頻脈性不整脈(脈が速くなる)、期外収縮(脈が飛ぶ・抜ける)に大別され、重症でなければ治療せず経過観察となることも多いが、突然死や脳梗塞の原因となる場合は治療が必要である。
発作性上室頻拍や心房粗動の第一選択の治療であり、非薬物療法として近年成果をあげているのがカテーテルアブレーション(心筋焼灼術)である。これは足の付け根の静脈からカテーテルを心臓へ通し、不整脈の原因となる異常部位をカテーテル先端から流した高周波電流で焼灼する治療である。心房細動の場合は、「肺静脈のつながった辺りを隔離するように心筋を焼灼し、不規則な拍動を招く電気信号の流れを断ち切るのです」と内藤医師は語る。
同センターは心臓・大血管を中心とした循環器疾患専門病院として全国トップクラスの実績を誇る。1993年から心臓電気生理学的検査とカテーテルアブレーションを開始し、WPW症候群、房室結節回帰性頻拍、心房粗細動、心房頻拍、心室頻拍など、9,000例以上の頻脈性不整脈に対して治療してきた。
カテーテルアブレーションは、薬が効きにくく症状が強い期外収縮や、最近では心房細動にも適応されるようになった。従来、心房細動では薬で発作をコントロールし血栓ができないようにしていたが、根治可能な治療法が導入されたことは大きな進歩であろう。
心房細動は文字通り心房が小刻みに震える症状を呈し、脈が乱れ、1分で100回以上の頻脈となることもある。高齢者に多く、80歳以上では8%もの人が発症すると言われる。他の心疾患のある患者にとっても心不全の誘因となったり、心房内の血栓から脳梗塞を引き起こす恐れがある。
カテーテルアブレーション最大のメリットは、薬物療法と違い、根治療法である点だ。薬物療法が症状や発作を抑えるのに対し、本治療は不整脈の原因を除去するため完治の可能性が高い。薬が効きにくい人が薬物療法を続けることを考えれば、トータルの医療費はカテーテルアブレーションの方が少なくて済む可能性もある。成功すれば抗不整脈薬も不要になりストレスも軽減できる。所要時間が短く体への負担が少ない上、入院も3~4日程度と短いので早期社会復帰が可能だという。
心房細動で長く悩んできた高齢の女性患者は、カテーテルアブレーションを受けて「当たり前の暮らしができてうれしい」と生活が一変した喜びを語った。日頃からのストレスも大きく影響する疾患であるだけに、診察時、内藤医師からの「苦しかったでしょう」の一言も大きな心の支えとなったに違いない。

医師プロフィール

1983年 群馬大学医学部 卒業
1983年 群馬大学第二内科入局
2000年 群馬県立心臓血管センター 循環器内科第二部長

「不整脈」を専門とする医師