青沼和隆 医師 (あおぬまかずたか)

筑波大学附属病院

茨城県つくば市天久保2-1-1

  • 循環器内科
  • 教授

循環器科 内科

専門

不整脈、心不全、冠動脈疾患

青沼和隆

統括する同院循環器内科は、不整脈カテーテルアブレーションの分野で全国の大学でトップの症例数と治療成績を有す。高度最新医療を国内でもいち早く導入し、新たなアブレーション法の開発も行っている。高度な手技を行えるスタッフをそろえ、より専門的な治療体制を確立。特に難治性不整脈については、痛みもなく、年間400例以上が完治している。埋め込み型デバイス治療は年間 100例以上。更に、感染症に対しては、レーザーを用いて治療を行う数少ない施設である。

診療内容

虚血性心疾患に対するPCI・ステント治療、不整脈に対するカテーテルアブレーション・埋込み型除細動器、そして心不全に対するペーシングによる非薬物治療などの高度最新医療を日本のなかでもいち早く導入し、循環器外科と連携をとりながら、虚血性心疾患、高血圧、心不全、不整脈、心筋症、弁膜症、先天性心疾患はもとより、末梢動脈疾患、肺高血圧など、あらゆる循環器疾患に対応し、より専門的な治療体制を確立している。
血管内治療については、IVUS・OCT・血管内視鏡等の最先端検査技術と血管内レーザー治療機器を取りそろえ複雑な血管内治療に挑んでいる。また不整脈の治療にあたっては、124チャンネル心内電位解析装置、心内腔エコー装置、磁気立体マッピング装置(electroanatomical mapping system)3次元不整脈マッピング装置などの先進的な解析装置を用いて診断と治療を行っている。高度な手技を行えるスタッフを揃えており、関東における治療センターとして800例以上の種々症例に対して薬物療法(治験薬も含む)および非薬物療法(カテーテル・アブレーション、ペースメーカー治療、植込み型除細動器)を各症例で選択し、最良の治療を行っている。特に難治性不整脈である基礎心疾患を有する致死性心室性不整脈のカテーテル・アブレーション、心房細動のカテーテル・アブレーションは、頻拍の原因となる心臓内の異常な興奮部位や異常興奮旋回路または異常興奮部位を高周波電流により不活化し、正常な脈拍にもどす方法を行い、痛みもなく、年間400例以上が完治している。また、ICD治療(植込まれた装置からの電気ショックにより不整脈を回避する限られた施設でしか行われない高度な治療法)やCRT治療(心不全に対してペーシングにより治療を行う画期的な治療法)を含め、不整脈に対する埋め込み型デバイス治療は年間 100例以上の治療を行っている。更に、植え込みデバイスに合併した感染症に対しては、レーザーによるリード抜去システムを用いて治療を行える和少ない施設である。

医師プロフィール

1971年4月 山口大学医学部 入学
1977年3月 山口大学医学部 卒業
1977年4月 東京医科歯科大学 大学院 内科学講座入学 指導教授 武内重五郎教授
1982年3月 東京医科歯科大学 大学院 内科学講座卒業
1982年4月 米国フロリダ州マイアミ心臓研究所 臨床心臓電気生理学部門留学
Clinical Research fellow: 指導教授 John W.Lister M,D,
1984年10月 米国フロリダ州マイアミ心臓研究所 留学終了
1984年11月 東京医科歯科大学 第二内科 医員
1984年12月 武蔵野赤十字病院 内科副部長
1987年6月 土浦協同病院 内科科長
1991年6月 横須賀共済病院 内科部長
1996年4月 横須賀共済病院 循環器センター 主任部長併任
1999年4月 東京医科歯科大学 医学部 助教授
2001年4月 聖マリアンナ医科大学 非常勤講師
2002年9月 東海大学医学部 非常勤講師
2004年4月 筑波大学 人間総合科学研究科病態制御医学循環器内科学 講師
2006年3月 筑波大学人間総合科学研究科病態制御医学循環器内科学 教授

「不整脈」を専門とする医師