上條桂一 医師 (かみじょうけいいち)

上條甲状腺クリニック

北海道札幌市中央区大通西14-3-1 大通丸一ビル3F

  • 甲状腺専門内科
  • 院長

内分泌科・糖尿病 内科

専門

バセドウ病におけるTSH受容体抗体(TRAb)の臨床応用

上條桂一

1994年2月、北海道初の甲状腺疾患専門内科として同クリニックを開設。日本甲状腺学会の甲状腺専門医療機関認定。「専用の検査キットでバセドウ病、橋本病の検査結果が短時間で得られるよう医療機器を備えています」(上條医師)。バセドウ病には、薬・アイソトープ(放射性ヨード)・手術の3つの治療法があるが、それぞれの長所、短所についてバセドウ病治療ガイドライン作成委員で培った経験を生かし、患者との対話とインフォームドコンセントを大切にした治療を行っているという。

診療を受けるには

診療時間は、月曜・火曜・木曜・金曜:8:20~12:00 と 14:20~16:00。水曜の午前:8:20~12:00 午後休診。土曜の午前:7:50~12:00 午後休診。日曜・祝日休診。
診療時間や予約などの詳細につきましては、クリニックのホームページ「診療時間のご案内」を参照。

医師プロフィール

1984年~1985年 トロント大学病理Kovacs教授留学(動物実験はハーバード大学病理ボストンで行う)
1991年8月 札幌医科大学第一内科 助教授
1994年2月 上條内科クリニック(甲状腺疾患専門内科)開院
1995年10月 (有)上條甲状腺研究所設立
2005年 日本甲状腺学会専門医施設認定(上條内科クリニック)
2012年9月 上條甲状腺クリニックへ名称変更

所属学会

日本甲状腺学会専門医、米国内分泌学会(Active member)、日本内分泌病理学会名誉会員、日本甲状腺学会功労評議員、日本内分泌学会功労評議員

[学会会長]
2007年10月 第11回日本内分泌病理学会会長(札幌)

[学会役員]
バセドウ病治療ガイドライン2006作成委員
バセドウ病131-I内用療法手引き作成委員
バセドウ病治療ガイドライン2011作成委員
甲状腺腫瘍診療ガイドライン作成委員
臨床重要課題「日本人のヨウ素栄養状態の全国実態調査と甲状腺疾患との関係」作成委員

[日本甲状腺学会演題選定委員]
第61回日本甲状腺学会(川越)・第55回日本甲状腺学会(福岡)・第54日本甲状腺学会(大阪)・第53回日本甲状腺学会(長崎)第52回日本甲状腺学会・第51回日本甲状腺学会・第50回日本甲状腺学会(神戸)・第49回日本甲状腺学会・第47回日本甲状腺学会(前橋11月)・第46回日本甲状腺学会(名古屋11月)・第45回日本甲状腺学会(浜松11月会長)など

[米国内分泌学会演題選定委員]
2013年米国内分泌学会(サンフランシスコ)・2014年米国内分泌学会(シカゴ)

主な著書

『明日を変える甲状腺検査・治療ガイドラ2018-メルカゾールタイミング中止法』((有)上條甲状腺研究所)
『上條内科クリニックの甲状腺疾患ガイド』((有)上條甲状腺研究所)
『良く分かる甲状腺』 ((有)上條甲状腺研究所)
『上條甲状腺クリニックの甲状腺疾患 Q & A』((有)上條甲状腺研究所)

【Thyroid掲載論文】
1. Kamijo K, Murayama H, Uzu T, Togashi K, Olivo PD, Kahaly GJ: Similar Clinical Performance of a Novel Chimeric Thyroid-Stimulating Hormone Receptor Bioassay and an Automated Thyroid-Stimulating Hormone Receptor Binding Assay in Graves’ Disease. Thyroid 2011; 21: 1295-1299
2. Kamijo K, Murayama H, Uzu T, Togashi K, Kahaly GJ: A novel bioreporter assay for thyrotropin receptor antibodies using a chimeric thyrotropin receptor (mc4) is more useful in differentiation of graves' disease from painless thyroiditis than conventional thyrotropin-stimulating antibody assay using porcine thyroid cells. Thyroid 2010; 20: 851-856.
3. Kamijo K: Lingual thyroid associated with Graves’ disease and Graves’ ophthalmopathy. Thyroid 2005; 15: 1407-1408.

【主たる講演】
2005年10月 第13回国際甲状腺学会 (ブエノスアイレス) シンポジウム「TSH受容体抗体」
2007年11月 第50回日本甲状腺学会(神戸) シンポジウム「妊娠と甲状腺」
2009年3月 第19回臨床内分泌代謝Update(東京) ミートザスペシャリスト「甲状腺」
2010年9月 第14国際甲状腺学会(パリ) ミートザエクスパート「TSH受容体抗体」
2010年10月 第14会日本内分泌病理学会(京都) ミートザスペシャリスト「甲状腺疾患診療update」
(更新日:2019年7月12日)