紫芝良昌 医師 (ししばよしまさ)

ゆうてんじ内科

東京都目黒区五本木1-13-12

  • 内科

内科 内分泌科・糖尿病

専門

甲状腺疾患・内分泌疾患・糖尿病

紫芝良昌

職場復帰を目標として、糖尿病・肥満・高血圧・甲状腺疾患などに対して検査・治療、そして生活上のアドバイスをする。都心のクリニックにおいて専門的治療ができるように、診療環境を整備して患者の診療にあたる。1960年に医師免許を取得以来50年以上にわたる経験が有り、甲状腺疾患において名医であり、世界トップレベルである。患者思いでも知られており、国内外各地の診療に出向いている。専門以外でも人脈多く信頼のある専門医の紹介をする。また、日本甲状腺学会の設立・学会の甲状腺専門医制度に尽力した。

医師プロフィール

1959年3月 東京大学医学部医学科卒業
1964年10月 東京大学大学院生物系研究科第1臨床専攻博士課程修了
1965年7月~1968年6月 UCLA Medical Center 勤務
1968年8月 虎の門病院内分泌代謝科
1992年4月~2001年3月 虎の門病院分院長・副院長
1997年6月 第70 回日本内分泌学会会長
1999年11月~2003年10月 日本甲状腺学会理事長
2001年 三宿病院 病院長
2006年7月 ゆうてんじ内科
(更新日:2018年7月19日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会