古山登隆 医師 (ふるやまのぶたか)

自由が丘クリニック

東京都目黒区八雲3-12-10 パークヴィラ2F

  • 形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科、美容内科
  • 理事長

形成外科 美容外科 皮膚科

専門

ボトックス・コラーゲン・ヒアルロン酸注入、フェイスリフトを含むエイジング手術一般、サーマクールを含む各種レーザー治療

古山登隆

古山登隆医師は、ボトックスやヒアルロン酸注入などをはじめとしたあらゆるアンチエイジング治療を行う美のエキスパート。アラガン社の「ボトックス注入顧問指導医」に選ばれ、同クリニックもボトックス注入技術トレーニングセンターとして認定された。また、地域密着型の美容医療クリニックで、手術療法、非手術療法、予防医学、抗加齢医学、美容トリートメントの5つの側面から、形成外科、皮膚科、美容皮膚科、美容外科、美容内科の各専門家がアプローチする方法を採用している。

医師プロフィール

1980年 北里大学医学部卒業 北里大学医学部形成外科入局
1985年 チーフレジデント
1986年 北里大学形成外科研究員
1989年 医学博士取得[コラーゲン薄膜を用いた培養皮膚モデルの形態学的評価]、北里大学形成外科講師
1991年 日比谷病院形成外科医長
1995年 自由が丘クリニック開設(院長)
2005年 横浜市立大学医学部非常勤講師

所属学会

日本静脈学会(評議員 1996?2002年事務局長)、日本脈管学会(評議員)、日本血管外科学会(評議員)、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本心臓血管外科学会、国際心臓血管外科学会、Union of Anglology

主な著書

『今日の診断指針 第6版』(2010年版p.925-926深部静脈血栓症の項目執筆)(2010年 医学書院/金沢一郎,永井良三編) 
(更新日:2014年5月19日)