西﨑泰弘 医師 (にしざきやすひろ)

東海大学医学部付属東京病院

東京都渋谷区代々木1-2-5

  • 病院長
  • 教授

総合診療科 消化器科 内科

専門

健康管理学、抗加齢医学、産業保健、消化器肝臓病学、内視鏡内科学

西﨑泰弘

東海大学医学部付属東京病院では2006年“健康寿命を延ばしサクセスフル・エイジングを実現するため”に、抗加齢ドックを開設。西﨑泰弘医師は、開設に主体的に関わり、抗加齢医学の第一人者と知られている。「重大な疾病に陥る前の段階で患者さんを助けられたら」という思いから、予防医学に関心を持つようになったという。同ドックは、疾患の有無をチェックする人間ドックとは異なり、今後疾患が発生し得る傾向を捉えるものだ。美容分野における外側のアンチエイジングとは違い“心身共に健やかで豊かに老いる”ことを追求する。

医師プロフィール

1986年3月 東海大学医学部 卒業
1986年5月 慶應義塾大学医学部内科学研修医
1987年4月 慶應義塾大学内科大学院入学
1991年3月 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校内科リサーチフェロー
1991年4月 慶應義塾大学消化器内科学助手
1994年4月 東海大学医学部消化器内科助手
1997年4月 東海大学医学部消化器内科講師
2004年4月 東海大学医学部付属東京病院副院長、消化器肝臓センター長
2007年4月 東海大学医学部付属東京病院准教授(消化器内科学)
2013年4月 東海大学医学部 教授、付属東京病院 副院長
2015年4月 慶應義塾大学医学部 客員教授
2018年4月 東海大学医学部付属東京病院 病院長
(更新日:2018年12月25日)