楠本健司 医師 (くすもとけんじ)

関西医科大学附属病院

大阪府枚方市新町2-3-1

  • 形成外科
  • 診療部長 教授

形成外科 外科

専門

顎顔面外科、顔面外傷、唇裂・口蓋裂、眼瞼形成、抗加齢医療、顔面瘢痕、形成外科全般

楠本健司

2011年に同科でアンチエイジングドッグと外来を開始。全身老化の精査とともに、眼瞼下垂、シミ、シワの見た目のエイジングを精査し、適した処方や指導、手術を行っている。また、同科では患者自身の血小板を濃縮した多血小板血漿(PRP)を患部に塗り、床ずれなど難治性皮膚潰瘍を治す画期的なPRP療法を開発してきた。皮膚の若返りにも極めて有効で、普及をめざしている。他にも外傷外科として顔面外傷・骨折、熱傷、切断指再接着の治療、眼瞼・義眼床手術や皮膚レーザー治療にも力を入れている。

医師プロフィール

1980年3月 鳥取大学医学部 卒業
1980年6月 京都大学医学部附属病院形成外科研修医
1982年6月 京都大学医学部口腔外科医員
1982年12月 京都大学医学部口腔外科学教室助手
1985年5月 天理よろづ相談所病院形成外科医員
1988年4月 公立豊岡病院形成外科医長
1988年7月 京都大学医学部形成外科学教室助手
1990年3月 関西医科大学形成外科学講座講師
1997年11月 関西医科大学形成外科学講座助教授
2006年4月 関西医科大学形成外科学講座教授
2016年4月 関西医科大学附属病院 形成外科診療部長教授
(更新日:2016年11月15日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会