和田秀樹 医師 (わだひでき)

和田秀樹こころと体のクリニック

東京都文京区本郷3-21-12 RTビルB1F

  • 院長

精神科 皮膚科

専門

精神科(精神療法)、抗加齢医学、美容皮膚科

和田秀樹

アンチエイジングとエグゼクティブカウンセリングに特化したクリニックを開院し、抗加齢医学の国際的権威クロード・ショーシャー博士から直接指導を受けた体質検査に基づいた食事療法、体の内側から美しく若返るためには内臓の代謝リズムに合わせて食事を摂るタイムリー・ニュートリッション、男女の更年期対策のホルモン療法、そして、それを応用した男性機能低下の生じない発毛プログラムを実践。私費の代わりに十分な時間をとった心の治療を行う。アメリカで精神分析を2年半学び、現在もロバート・ストロロウ博士の指導を定期的に受けており、日本人で唯一自己心理学の国際年鑑に論文を掲載している。森田療法の研修会にも10年以上にわたって参加している。高齢者の介護や財産管理(成年後見制の利用など)の相談や、子弟の受験相談も行っている(この場合は、通常のカウンセリングより高額になります)教育問題、老人問題、大学受験などを中心にメディアへの露出や執筆本も多く、映画監督もこなす異色の精神科医である。

通信教育にも造詣が深く、自身が監修する緑鐵(りょくてつ)受験指導ゼミナールは、開講以来、多くの受験生が大学合格への足がかりを掴んできた。そのノウハウを活かして、数年前からは和田塾緑鐵舎という対面塾部門へと展開し、医学部受験専門のMEDSを最近では始めている。MEDSは特にリテラシー(文字の読み書き、ひいては、文章の読解能力)に着目して、基本的な、学習するための基礎学力を鍛え上げ、中高6年間をかけて医学部合格へと導くものであり、これからの医師により求められるとされるコミュニケーションや教養の重要性を現役医師としての立場からも、教育の場で実践する試みを続けている。

医師プロフィール

1985年3月 東京大学医学部卒業
1985年6月 東京大学医学部付属病院精神神経科・老人科・神経内科研修
1987年6月 国立水戸病院神経内科・救命救急センターレジデント
1991年4月 東京大学医学部付属病院精神神経科助手
1991年10月 米国カール・メニンガー精神医学校国際フェロー
1994年4月 浴風会病院精神科
1999年4月 東北大学医学部非常勤講師
1998年4月 一橋大学経済学部非常勤講師
2004年8月 国際医療福祉大学教授
2007年4月 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科臨床心理学専攻教授
2007年4月 一橋大学国際・公共政策大学院特任教授
2010年4月 和田秀樹こころと体のクリニック院長
(更新日:2014年5月19日)