玉田康彦 医師 (たまだやすひこ)

愛知医科大学病院

愛知県長久手市岩作雁又1-1

  • 皮膚科
  • 非常勤医師

皮膚科

専門

発汗障害(多汗症や無汗症)、皮膚悪性腫瘍、膠原病、アレルギー性皮膚疾患

玉田康彦

多汗症や無汗症を専門とし、日本発汗学会の理事を務める発汗異常症のエキスパート。体の一部に多量の汗をかく局所多汗症に対して、副作用の少ない塩化アルミニウム外用を処方する他、イオントフォレーシスを用いて治療を行っている。これらの治療の効果が乏しい場合には、ボツリヌス毒素注入など治療法を変え、個々の患者にとって最適な治療を提供する。最先端の医学知識と治療技術を駆使し、日常生活に深刻な不具合をきたすこともある発汗障害の症状の改善を目指している。

医師プロフィール

1970年 名古屋大学医学部 卒業
1977年 同大学大学院修了
1978年 同大学医学部皮膚科 助手
1979年 医院開設、名古屋大学医学部皮膚科非常勤講師
1983年 愛知医科大学皮膚科非常勤講師
2000年 愛知医科大学皮膚科 講師
2001年 愛知医科大学皮膚科 准教授
2007年 愛知医科大学皮膚科教授(特任)
2011年 愛知医科大学皮膚科客員教授
2017年 愛知医科大学皮膚科く非常勤医師
(更新日:2017年5月19日)

同じ疾病を専門とする医師一覧