戸田郁子 医師 (とだいくこ)

南青山アイクリニック東京

東京都港区北青山3-3-11 ルネ青山ビル4F

  • 眼科
  • 院長、理事長

眼科

専門

屈折矯正手術(近視・乱視・遠視・老視手術)、ドライアイ

戸田郁子

レーシックのパイオニアとして、1997年に屈折矯正手術専門である南青山アイクリニック東京を開業。国内外の学会で蓄積した知見や実績を報告し、研究活動などを通じてレーシックの普及に尽力してきた。術後の変化や不安に適切に対応できるよう、長期間のフォローアップをしている点も、高い評価を受けている。現在、南青山アイクリニック東京はドライアイ、円錐角膜、緑内障、網膜硝子体の専門外来を開設し、日帰りで角膜移植ができるなど大学病院並みの専門性を提供している。ドライアイ専門外来では重度のドライアイであるシェーグレン症候群などの治療や、血清点眼等の最新治療を行っている。

診療内容

戸田医師が理事長を務める南青山アイクリニック東京は、1997年に眼科専門医による屈折矯正手術の専門施設としてスタートした、レーシックの世界では老舗的なクリニック。戸田医師はいわば「レーシックの母」ともいうべき存在である。
戸田医師iFSレーザーによるintra LASIKのほか、ReLEx SMILE、高度近視のためのフェイキックIOL、老眼治療、遠近両用眼内レンズによる白内障手術、そして角膜移植など、最先端の視力治療を行なっており、全国の眼科施設からの紹介も多い。
手術顧問として、慶應義塾大学医学部眼科の坪田一男教授が指導し、安全で質の高い治療を実現。手術のレベルの高さは当然のことながら、手術前の検査とカウンセリングにじっくり時間をとり、患者それぞれのライフスタイルに合わせた治療の選択、正確な検査データの確認から、レーザーの管理、術後のフォローアップまで、「一貫して丁寧で行き届いた治療の提供」をポリシーとしている。よって、治療前には少なくとも二度は来院が必要で、しつこいほど検査を行う。「それが安全で確実な治療の基本」と戸田医師は語る。
ロビーなお、南青山アイクリニック東京では実際に手術を担当する眼科専門医による、視力矯正手術の説明会を随時開催。説明会では手術に関する説明のほか、患者からの質問にも丁寧に答えている。説明会の所要時間は約1時間。

医師プロフィール

1986年 筑波大学医学専門学群 卒業、東京慈恵会医科大学眼科
1990年 慶応大学眼科教室、東京歯科大学眼科
1994年 アメリカ・ハーバード大学眼研究所留学
1997年 南青山アイクリニック院長
1999年 慶應義塾大学医学博士
2000年 東京歯科大学眼科講師
2002年 南青山アイクリニック理事長