中村友昭 医師 (なかむらともあき)

名古屋アイクリニック

愛知県名古屋市熱田区波寄町25-1 名鉄金山第一ビル3F

  • 眼科
  • 院長

眼科

専門

日帰り白内障手術・屈折矯正手術・ドライアイを含む眼科診療全般

中村友昭

名古屋アイクリニックは1999年に東海地区で初めてレーシックを行なって以来、屈折矯正手術を中心に最先端の医療を積極的に行なっている。2012年9月からは、フラップを作らない視力回復手術ReLEx smile(リレックス・スマイル)を開始した。レーシックは20年間で18,000例以上、フェイキックIOL(ICL)は18年間で3,000眼例以上と国内有数の実績を誇る院長の中村友昭医師は、主要眼科学会でのシンポジストや、眼科医対象の屈折矯正手術講習会の講師を務めるなど、屈折矯正の第一人者として知られている。また、白内障手術は30,000例以上、うち多焦点眼内レンズ挿入術は2,000眼以上行なっている。先進医療実施医療機関。

診療を受けるには

診療日:平日 9:00~12:00 14:00~18:00、土曜日 8:30~16:00 完全予約制。
休診日:木曜日・日祝日。音声対応24時間予約専用ダイヤルがある。Web予約も可能。
詳しくは病院HPを参照

医師プロフィール

1988年 宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)卒業
1998年 中京病院眼科医長
2001年 リフラクティブアイクリニックを開院し院長に就任
2004年 一般眼科診療開始
2006年 名古屋アイクリニックに名称変更

所属学会

平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻臨床教授

日本眼科学会認定眼科専門医、日本眼内レンズ屈折矯正手術学会理事、平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻臨床教授、日本眼科学会指定屈折矯正手術講習会講師、日本眼内レンズ屈折矯正手術学会プログラム委員

主な著書

『多焦点レンズ・最強のプレミアム手術のすべて スゴ腕眼科医が教える白内障治療』(2020年 幻冬舎)
『眼科119番』(2007年 日刊工業新聞社)

医師発信欄

名古屋アイクリニックHP: http://www.lasik.jp/
中村友昭院長のブログ: http://nagoyaeye.exblog.jp/
(更新日:2021年7月9日)

同じ疾病を専門とする医師一覧