福田諭 医師 (ふくださとし)

北海道医療大学病院

北海道札幌市北区あいの里二条5-1-1

  • 耳鼻咽喉科・頭頸部外科全般

耳鼻咽喉科 頭頸部外科

専門

頭頸部腫瘍、ナビゲーション手術、内耳ウイルス感染

福田諭

福田諭医師は、舌がん、喉頭がんといった頭頸部腫瘍のオーソリティー。CTやMRIの画像を駆使したナビゲーション手術を駆使した、安全で人体へのダメージが少ない手術には定評がある。腫瘍のほか、難聴、顔面神経麻痺、めまいからアレルギー疾患まで、幅広い疾患に対して先端医療を提供する北海道大学病院の耳鼻咽喉科長として激務をこなす一方で、2010年から3年間病院長を兼任した。病院と地域との連携を強めるセミナーを開催するなど、多彩な取り組みを通して、疾患に対する啓もうや患者のQOLの向上などに貢献。2017年7月より北海道医療大学病院の耳鼻咽喉科の勤務となる。

診療を受けるには

福田医師の診療は、水曜の午後(受付13:00-16:30)、木曜の午後(受付13:00-16:30)

医師プロフィール

1976年3月 北海道大学医学部 卒業
1976年4月 北海道大学医学部耳鼻咽喉科学教室入局
1979年2月 北海道大学医学部耳鼻咽喉科 助手
1985年10月 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校に留学
1987年10月 北海道大学医学部附属病院耳鼻咽喉科 講師
1996年5月 北海道大学医学部耳鼻咽喉科 助教授
2001年7月 北北海道大学大学院医学研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野 教授
2007年4月 北海道大学病院 副病院長
2008年1月 北海道大学病院 腫瘍センター長(兼任)
2010年4月 北海道大学病院 病院長
2013年4月 北海道大学 探索医療教育研究センター長(兼任)
2017年7月 北海道医療大学病院 耳鼻咽喉科 特任教授

所属学会

米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会海外会員、国際外科学会Fellow、日本耳鼻咽喉科学会認定専門医、日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医、日本気管食道科学会認定気管食道科専門医(咽喉系)、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医制度暫定指導医、インフェクションコントロールドクター

主な著書

『感覚器〔視覚と聴覚〕と社会とのつながり ―見るよろこび・聞くよろこび―』(2011年 日本学術協力財団/共著) 
(更新日:2018年9月4日)