中村雅史 医師 (なかむらまさふみ)

九州大学病院

福岡県福岡市東区馬出3-1-1

  • 胆道・膵臓・膵臓移植・腎臓移植外科
  • 副病院長
  • 教授

外科 膵臓外科 移植外科

専門

肝胆膵外科、内視鏡外科

中村雅史

なぜ外科医に、そして肝胆膵外科を選んだのか「困難な分野に思えたので、挑戦したかった」と中村雅史医師は語る。中村医師は「低侵襲手術」や「進行膵癌の集学的治療」を得意とする。
現在、日本膵臓学会、日本肝胆膵外科学会、日本内視鏡外科学会、日本外科学会の理事であり、膵臓内視鏡外科研究会の会長を務める。
 肝胆膵領域のがんを適切に治療するためには、外科と他科との連携が必要不可欠と言い、コミュニケーションを大切にしており、適切かつ迅速な治療方針の決定と実施に役立てている。標準治療に加え、新しい治療の開発にも積極的に取り組んでおり、より優れた治療を目指して治験や研究者主導の臨床試験を多数行い、希望の患者さんにはこれらの治療を提供している。
また、中村医師は、後輩の育成にも力を入れており、医学研究を通じて生涯に渡り自己の臨床経験を客観的・科学的に評価できる能力を身に着けることも教育の柱の一つにしており、心・技・体の調和した人々に喜ばれる外科医を育てる事を第一の存在意義としている。

診療を受けるには

原則、医療機関からの紹介状が必要。予約制。
中村医師の外来は、火曜と木曜の午前中。

医師プロフィール

1988年 九州大学医学部卒業
1992年 国立がんセンター中央病院肝胆膵外科レジデント
1999年 九州大学大学院修了(医学博士)
1999年 ハーバード大学医学部 Cancer Biology Program リサーチフェロー
2003年 九州大学腫瘍制御学・文部教官、臨床・腫瘍外科従事
2009年 九州大学臨床・腫瘍外科 肝胆膵外科部門主任
2011年 川崎医科大学消化器外科 主任教授
2015年 九州大学臨床・腫瘍外科 教授
2018年 九州大学病院 副病院長

所属学会

日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本肝胆膵外科学会高度技能指導医、日本胆道学会指導医、日本膵臓学会指導医、日本腹部救急暫定教育医・腹部救急認定医

主な著書

【論文】
・Ideno N, Yamaguchi H, Ghosh B, Gupta S, Okumura T, Steffen DJ, Fisher CG, Wood LD, Singhi AD, Nakamura M, Gutkind JS, Maitra A GNASR201C Induces Pancreatic Cystic Neoplasms in Mice That Express Activated KRAS by Inhibiting YAP1 Signaling Gastroenterology 155(5):1593-1607 原著 2018
・Matsuda R, Miyasaka Y, Ohishi Y, Yamamoto T, Saeki K, Mochidome N, Abe A, Ozono K, Shindo K, Ohtsuka T, Kikutake C, Nakamura M, Oda Y Concomitant Intraductal Papillary Mucinous Neoplasm in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Is an Independent Predictive Factor for the Occurrence of New Cancer in the Remnant Pancreas Annals of Surgery Epub ahead of print 原著 2018
・Endo S, Nakata K, Ohuchida K, Takesue S, Nakayama H, Abe T, Koikawa K, Okumura T, Sada M, Horioka K, Zheng B, Mizuuchi Y, Iwamoto C, Murata M, Moriyama T, Miyasaka Y, Ohtsuka T, Mizumoto K, Oda Y, Hashizume M, Nakamura M Autophagy Is Required for Activation of Pancreatic Stellate Cells, Associated With Pancreatic Cancer Progression and Promotes Growth of Pancreatic Tumors in Mice Gastroenterology 152(6):1492-1506 原著 2017
・Date K, Ohtsuka,T Fujimoto,T Tamura K, Kimura H, Matsunaga T, Mochidome N, Miyazaki T, Mori Y, Oda Y, Nakamura M Tanaka M Molecular Evidence for Monoclonal Skip Progression in Main Duct Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas Annals of Surgery 265(5):969-977 原著 2017
・Miyasaka Y, Ohtsuka T, Tamura K, Mori Y, Shindo K, Yamada D, Takahata S, Ishigami K, Ito T, Tokunaga S, Oda Y, Mizumoto K, Nakamura M, Tanaka M Predictive factors for the metachronous development of high-risk lesions in the remnant pancreas after partial pancreatectomy for intraductal papillary mucinous neoplasm Annals of Surgery 263(6):1180-1187 原著 2016
・Ideno N, Ohtsuka T, Kono H, Fujiwara K, Oda Y, Aishima S, Ito T, Tokunaga S, Ohuchida K, Takahata S, Nakamura M, Mizumoto K, Tanaka M Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas with Distinct Pancreatic Ductal Adenocarcinoma Are Frequently of Gastric Subtype Annals of Surgery 258(1):141-151 原著 2013
(更新日:2020年2月13日)