おたふくかぜワクチン

 おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)になりやすい2~5歳より前に接種したほうがよいです。流行中の接種はさしつかえありません。おたふくかぜワクチンにより、2000~3000人に1人の割合で無菌性髄膜炎を発症することがありますが、自然のおたふくかぜに罹患(りかん)した場合に比較して頻度は低いです。

[副作用]
 接種後2~3週に一時的に耳下腺のはれや発熱をみとめることが1%程度にみられます。
医師を探す