尖圭コンジローマ〔せんけいこんじろーま〕

 ヒトパピローマウイルス(HPV)の6型または11型が、おもに性交渉により感染して、外陰・腟(ちつ)・子宮頸(けい)部などの性器に、多発性にいぼ(ニワトリのとさか様)を発現させる性感染症です。ヒトパピローマウイルスには6型、11型のほか200種類以上のタイプがあり、子宮頸がんの原因となるHPVはべつのタイプです。
 尖圭コンジローマは20歳代の女性に多く発症し、妊娠中は病変が悪化もしくは出現しやすいです。尖圭コンジローマをもつ妊婦から生まれた児は、母体からの母子感染によって児の咽頭、気道にいぼを形成する呼吸器乳頭腫を発症することがあります。
 外陰部の尖圭コンジローマに対しては、イミキモドクリーム5%を塗布します。これでも治らないときには、炭酸ガスレーザー光により蒸散治療します。腟内、子宮頸部の病変にはイミキモドクリームは使用できないため、炭酸ガスレーザー光治療をおこないます。なお、性器のがん検診を定期的に実施することも大切です。
 近年は、HPVワクチンの定期接種(公費助成によって無料の予防接種)によって、HPV6型、11型の感染を予防できるようになっています。対象は中学1年生~高校1年生の女子です。これによって、子宮頸がんの主たる原因であるHPV16型、18型の感染も予防できます。海外ではHPVワクチンによって尖圭コンジローマがなくなってきた国もあります。
医師を探す