咽頭結膜熱(プール熱)〔いんとうけつまくねつ(ぷーるねつ)〕

 咽頭炎、結膜炎および39℃前後の発熱を伴うかたちで発症します。アデノウイルス(3型、4型、7型など)で起こります。結膜の充血は下まぶたの結膜にはじまり、上まぶたに起こることは少ないようで、角膜にもほとんど炎症は起こりません。潜伏期は4日前後です。子どもに多いことが特徴です。
 治療は流行性角結膜炎と同様です。通常2週間前後で治ります。

【参照】子どもの病気:咽頭結膜炎(プール熱)
医師を探す