春季カタル〔しゅんきかたる〕

 春季カタルは子どもに多い病気です。結膜の即時型アレルギー反応を基礎とした疾患で、ある抗原に対するIgE抗体産生によって起こります。アトピー性疾患を根底にもつものが多いようです。抗原として多いのはダニと考えられています。
 春季カタルの患者は、おもに結膜充血、異物感、まぶしさなどをうったえて来院します。結膜は石垣状の激しい凹凸を示したり、巨大乳頭ができていたり、角膜と結膜の境に嚢胞(のうほう)、角膜病変などいろいろな病変が起こります。

[治療]
 アレルギー反応を抑える目的で、抗アレルギー薬を点眼します。また、副腎皮質ステロイド薬をできるだけ副作用の少ない方法で、局所的に、時に全身的に使用します。重篤な、がんこなもので、角膜に潰瘍をつくるものもあり、このような例にはシクロスポリンなどの免疫抑制薬を使用することもあります。

医師を探す
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会