胸膜炎、膿胸〔きょうまくえん、のうきょう〕

 肺は胸郭の中にありますが、じかに胸壁へ付着しているわけではなく、胸壁と肺の間には胸腔(きょうくう)と呼ばれるふくろ状の空間があります。この胸腔の内面をおおっているのが胸膜で、なんらかの原因でそこに炎症がみられる病気を胸膜炎といい、胸の痛みが出現したり胸腔に水(胸水)が貯留します。

[原因]
 胸膜炎はさまざまな原因で起こります。
 1.感染…肺炎に付随するもので、病原体は細菌、ウイルス、マイコプラズマ、真菌、寄生虫などです。結核菌による胸膜炎は通称、肋膜炎ともいわれていました。病原体の感染によって胸腔中にうみが貯留しているのを膿胸といいます。
 2.悪性腫瘍…がんが胸膜へ浸潤(しんじゅん)し、さまざまな症状が出現するのをがん性胸膜炎といい、肺や他臓器に発生したがんからの進展や転移で起こります。そのほかに、胸腔に波及する悪性腫瘍としては悪性胸膜中皮腫や悪性リンパ腫などがあります。
 3.肺循環障害…肺血栓塞栓症に付随してみられることがあります。
 4.膠原(こうげん)病…全身性エリテマトーデスや関節リウマチなどにみられます。
 5.消化器疾患…横隔膜下膿瘍(のうよう)、肝膿瘍、膵(すい)炎などに伴う胸膜炎です。
 6.その他…メイグス症候群(卵巣腫瘍に伴い胸水が貯留します)、サルコイドーシス、薬剤性(メトトレキサート、ダントロレン)などがあり、さまざまな検査をしても原因を特定することのできない胸膜炎もあります。

[症状][診断]
 ナイフで裂かれるようなするどい痛みからにぶい痛みまでさまざまな胸部の疼痛(とうつう)がみられます。また、痛みや多量の胸水貯留によって呼吸困難を感じることがあります。
 感染による胸膜炎の場合には、発熱や寝汗がみられます。肺病変に付随したものであれば、せき、たん、血たんなどの症状も出現します。
 胸部単純X線検査では胸水の貯留があれば、胸水により白い陰影が出現するため側胸部と横隔膜のまじわる角度が鈍化するのが観察されます。胸水が胸腔内で動くかを見るには、からだを横にしてX線写真を撮影し、胸水陰影が移動することにより確認することができます。
 胸部CT(コンピュータ断層撮影)検査は、胸水とともに胸腔内や肺などに腫瘍などの病変がないかを検出するために必要です。胸水が貯留していれば、その性状によって原因となる疾患を診断することが可能ですので、必要不可欠の検査となっています。
 さらに、病気に特有の病変が胸膜に形成されることもあるので、胸膜生検をして病理学的に調べることもあります。

[治療]
 1.肺炎に随伴した細菌感染であれば、抗菌薬とともに胸腔内にチューブを挿入し排液をします。胸腔にうみが貯留した膿胸の場合には、急性期で3カ月以内であれば前記の治療をおこない、それ以上に経過した場合には急性期の治療に加え、胸腔鏡下での手術が必要となることもあります。
 2.結核性胸膜炎であれば、抗結核薬を使用します。基本的にはチューブを挿入しての排液処置はしません。
 3.がん性胸膜炎では、従来の抗がん薬による化学療法を試みますが、効果はあまり期待できません。しかし、ゲフィチニブなどの分子標的治療薬では、胸水が消失するなどの著効例もみられます。胸水が多く貯留して胸部圧迫感や呼吸困難が出現する場合には、胸水を排液したあとに、胸腔に薬物を注入して人工的に炎症をもたらし胸膜を癒着させるような処置もおこなわれます(胸膜癒着術)。
 4.膠原病などでは原疾患の治療に準じ、副腎皮質ステロイド薬が使用されます。
医師を探す