ベーカー嚢腫〔べーかーのうしゅ〕

 膝(ひざ)関節の後方にあり、膝関節と交通がある膝窩嚢包(しつかのうほう)というふくろに関節液が貯留したもので、変形性関節症や関節リウマチが基礎にある場合に起こります。
 症状はひざ屈曲の制限とこわばり感があり、治療は穿刺排液(せんしはいえき:注射器で針を刺して液体を抜くこと)をおこなう場合がほとんどですが、再発をくり返すことが多く、場合によっては手術で嚢包全体を切除することもあります。最近では、手術侵襲(手術のための切開)が小さい関節鏡視下(内視鏡下での関節の手術)の切除術もおこなわれています。
医師を探す