脳性まひのリハビリテーション

 脳性まひとは、周産期から新生児期にかけて、なんらかの原因で脳が損傷されて運動発達が障害されたものをいいます。病気としては進行することはありませんが、発達とともに病状が変化したり障害が拡大する例があります。知能の発達も障害されることがあり、視聴覚障害やてんかんを合併する例もみられます。医学、医療の発達により、以前よりは発症数は減っています。
 最近は未熟児集中治療のおかげで、出生体重1500g未満の低体重出産や胎生30週未満の未熟児出産であってもぶじに育つようになりましたが、いっぽう、こうした出産ではふつうの出産より子どもが脳性まひになる確率が高いため、いまでもリハビリテーションの重要な対象疾患です。
 脳性まひでは、肢体不自由だけでなく精神発達の障害も伴いやすいので、心身障害児または複合障害児として対処の必要があります。
 脳の神経細胞は胎生12週ころにはすべて発生していますが、重要なのは、むしろ脳の機能が発達する出生後です。したがって、乳児の段階で、できるだけ早く異常をみつけて、正常な発達を引き出す対応策を講じることが期待され、近年では脳性まひの可能性のある子どもは生後3カ月ころにはみつけられるようになりました。しかし、人間は生後1年ほどでようやく自力歩行できる特殊な動物で、このため脳の自然の修復力も大きく、乳児期の多少の遅れは生後1~2年目までに解消されることもよくあります。
 運動発達の異常は、手足のかたさ(筋肉の緊張度の異常)、姿勢による反射の異常、哺乳の異常、くびのすわりや寝返りなど通常発達の遅れとして観察されます。発達の専門的訓練は理学療法士や作業療法士によりおこなわれますが、最良の治療士は24時間子どもと接している両親です。寝返りや腹ばい位、あるいは手足の関節運動訓練などは専門家の指導を受け、自宅で実施するようにします。全身の緊張の高まりやつっぱりをできるだけ抑制するように、抱きかたや寝かせかた、座らせかたを工夫します。くびのすわりや緊張の程度によっては特殊な座位保持椅子が、緊張をコントロールして発達をうながすのに役立つことがありますので、専門家と相談するとよいでしょう。

 専門施設に短期間、親子ともに入園して訓練や生活の注意について体験指導を受けることもすすめられます。
 成長に伴い、保育園、普通学校や養護学校への就学、卒業、就職といった時期に社会参加についての問題を生じることがあります。そのつど、福祉事務所、児童相談所、教育委員会、職業安定所、各種更生施設などの職員と接触し、障害に応じた助言を得ながら一般社会の一員として生活することを目指すようにします。
医師を探す