関節リウマチのリハビリテーション

 関節リウマチは、関節に炎症が続いて徐々に破壊されることで、機能障害をきたす病気です。関節の炎症と変性に伴う疼痛(とうつう)、可動域(ROM:range of motion)の制限、変形のほかにも、筋力の低下や全身倦怠(けんたい)感のために日常生活動作(ADL:activities of daily living)や職業的能力が制限されることになります。女性に多く、関節症状のひろがりや経過もさまざまですが、慢性進行性の経過をとることが一般的です。日常生活での手足の使いかたが関節の変形に影響します。

 したがって、日常生活での関節保護が大切となります。関節保護の原則は関節に負担をかけないことですが、手足を使わないわけにはいかないので以下の点に留意します。
 1.1つの関節にかかる負担を小さくする(片手で持てるものも両手で持つ)

 2.より大きな関節で力を受けること(バッグは肩や腕にかけること)
 3.関節の一定の位置ばかりを圧迫しないこと(同じ姿勢で長時間続けないこと)
 4.安定感のある好ましい関節運動をおこなうこと
 5.スプリント、自助具、その他の福祉機器を正しく使用すること
 この病気は全身性疾患であり、関節症状は一部でも全身の安静を必要とすることや、精神的疲労も症状悪化の要因になるので休息をとることが必要です。たとえば、掃除機をかけているときや調理、仕事をしているときなど、もうすこしだからやり終えてしまおうとはりきりすぎないように、ときどき短い休息をとるようにします。
 また、日に1~2度適切な関節運動をおこない、関節の可動域(ROM)を維持し、筋力低下を予防します。

 なお、上記のリウマチ体操(関節リウマチのリハビリテーション)には、次のことを注意しておこないましょう。
(1)各運動はゆっくりと確実におこなう
(2)回数は徐々に増やす
  a.1日目:2~3回、各運動を反復(1日1度)
  b.3~4日目:6~8回、各運動を反復(1日2度)
  c.7日目~:10回、各運動を反復(1日2度)
(3)a~cの順に回数を増やし、運動後2時間たっても痛みが運動前よりも増すならば、回数を減らすか、中止する
(4)運動前に多少の痛みがある場合は、温湯などであたためてから運動をおこなう
(5)指示された運動は毎日根気よく続けておこない、急に強い運動や無理な運動は避ける。やり過ぎて疲労することは逆効果になる
医師を探す