腰痛症のリハビリテーション

 腰痛症の原因疾患は数多くありますが、慢性的な腰痛の多くは筋肉低下が関係します。痛みを感じるしくみは心理的なものですので、精神的な要因も関係します。急性発症するもの、だんだんと悪化して神経症状を伴うもの、発熱を伴うものなどは専門病院で精密検査と治療を受けることが大切で、そのあとリハビリテーションを受けます。
 ここでは、X線検査で腰椎の変形が多少なりともみとめられる中高年者の腰痛症の運動練習について紹介します。

■日常生活における注意点
 腹筋や背筋の力が弱ると、起立歩行時のバランスから腹を突き出して歩く(腰椎の前彎〈ぜんわん〉)ようになります。この姿勢は各腰椎椎体間の椎間関節にストレスを与えます。骨盤の上の縁(後腸骨稜〈こうちょうこつりょう〉)にある腰の筋肉の付着部や、骨盤(腸骨)と背骨(仙骨)の間の関節や靱帯にもストレスとなり、腰痛を生じやすくなります。
 そこで日常生活における活動時の姿勢に注意します。中腰の姿勢を保つことや、荷物を持ち上げるときに腰を落とさず、からだを前傾させて抱きかかえるように持ち上げることは、腰に過剰な負担をかけます。荷物を持ち上げるときには、一般的には、からだを前傾させずに一度しゃがんでひざを曲げた持ち上げかたがすすめられます。椅子に腰掛けるとき、やわらかで腰を深く落としてくつろぐ安楽椅子は、腰椎間に加わる圧力や立ち上がるときには負担が大きくなるので、座面がかためでひざの高さにあるものが作業用には適しています。ただ、どのような座位においても長時間の座位保持は腰痛の原因となるので、1時間に1回は他の姿勢や運動・ストレッチを取り入れるとよいです。また、長時間の立位姿勢が続く場合でも、片足を踏み台の上に交互に乗せて作業をしたり、合間にしゃがむ運動をおこなうなど同じ姿勢を続けない工夫も大切となります。寝るときは、やわらかで心地よい敷布団では臀(でん)部が沈み股関節は屈曲傾向になり、腰椎の前彎をさらに増大させるので、かたい敷布団が適切です。むかしから腰痛時には戸板に毛布を敷いて寝るといわれてきたのは合理的な話です。

■腰痛症の運動練習の方法と注意点
 次に、脊椎(せきつい)を支える力を高めるために筋力を強化し、同時に柔軟性も高めることを目的とした運動練習を日に1~2回、1つの運動につき5回くらいから始めて、徐々に回数をふやしていくようにします。運動により痛みが強くなる項目は中止します。
 痛みに対しては蒸しタオルをさらにタオルでくるんで患部に当てると楽になります。脊椎の支持性を高めるためにはコルセットの装着が有効ですが、長期的には腰腹部の筋肉を使わないことで弱るため、痛みが軽くなったらはずすほうが賢明です。病院に行くと骨盤の牽引(けんいん)療法や各種温熱療法あるいは薬物療法が処方されますが、日常生活での注意事項を守ることと、運動練習を続けることがもっとも有効な治療法です。
医師を探す