寝たきりのリハビリテーション

 寝たきりの問題は、寝かせきりにさせられている高齢者が多いことです。高齢者では数日床についただけで廃用症候群を生じ、体力の回復が困難になることから、どのような疾患であろうと早期にリハビリテーションを開始する必要があります。その方法は脳卒中のリハビリテーションで解説しています。脳卒中のリハビリテーションを参照ください。

■からだを起こさせる方法
 かぜをこじらせたり、下痢をしたり、転んで、骨折はないけれども足腰が痛むといった理由でも、臥床していると寝たきりになる危険があります。
 座らせておくためにはギャッチベッドといって機械的にベッドを3つ折りにして座位をとらせる装置が便利です。それがなくても、畳に敷いた布団の上でも、座椅子などを利用して背中を支えてあげれば、座位をとらせることができます。日中は、すこしでも自分で立って支えることができる場合には、車椅子に乗り移らせたり、ふつうの椅子に座らせておきます。全部介助する必要があれば、リフターを利用します。地域によっては公的機関による在宅介護用リフターの貸出制度があります。特殊ベッドなどの介護用品の貸出制度もあります。福祉事務所や役所の福祉課に連絡して、手続きについてたずねてみるとよいでしょう。高齢者所帯で介護のために家事に手が回らなくなるような場合は、ホームヘルパーの派遣制度もあります。

■精神的介護ケア
 長く寝かされていると、認知障害が目立つようになってきます。はじめは抑うつ気分があったかもしれません。老年期には、病気をきっかけに体力のおとろえや親しい社会からの孤立を実感させられ、自分の役割を見いだせなくなり、気分は落ち込みます。時に正気に返ると、気づくのはおむつをして、寝かされている自分です。起きる気力も湧かず、座らされていても目を閉じたままで、こころは過去の思い出の世界に住んでいるようです。このような人の場合には、介助者のこころが鋭敏に反映されます。
 患者さんを大切に介助し、まめに話しかけることを心掛けます。話の内容は見当識(けんとうしき:今日は何年、何月、何日、何曜日、ここはどこ、わたしは誰など)に関する情報から、家族共通の思い出としてある出来事や大切な人の思い出など回想を引き出す話題を選びます。同時に関節可動域(ROM:range of motion)訓練や、体位の定期的な変更、介助しての座位保持、車椅子に乗せて戸外散策など身体的なはたらきかけもおこないます。こうしたはたらきかけを通じて自発性を回復し、活動的な日常生活を取り戻す人もいます。
 いずれにしても、寝たきり状態にある患者さんにも活動的な過去があり、いまも人間としての尊厳は保たれていることを十分に認識して介助することが大切です。
医師を探す