皮膚がん

解説
 皮膚がんは大きく分けて、表皮細胞の悪性化したもの(基底細胞がんと有棘〈ゆうきょく〉細胞がんの2つがあります)と、色素細胞が悪性化した悪性黒色腫とがあります。さらに、皮膚の付属器(汗腺〈かんせん〉、脂腺〈しせん〉)が悪性化して汗腺がんや脂腺がんができることがありますが、これはまれです。
 わが国では、皮膚がんは増加の傾向にあります。皮膚がんの始まりは一般に自覚症状がありません。したがって痛みもかゆみもなく治りにくくて、徐々に大きくなってくるものをみたときは、皮膚がんを疑う必要があります。形がくずれていたり、色にむらがあったりするときはなおさらです。
 いずれにしても早期に発見して早期に治療することが、皮膚がんを完治させる最良の手段です。

基底細胞がん〔きていさいぼうがん〕

有棘細胞がん〔ゆうきょくさいぼうがん〕

ボーエン病〔ぼーえんびょう〕

乳房外パジェット病〔にゅうぼうがいぱじぇっとびょう〕

悪性黒色腫(メラノーマ)〔あくせいこくしょくしゅ〕