企画特集

ギャンブル依存からの回復を目指して
支援施設グレイス・ロード~見えづらい実態~ 理解啓発サポーター 前園真聖の現場リポート〔3〕

 おととしの4月から働き始め、翌年の3月に母の通帳からお金を取りました。監視カメラに写り、母親から「どうしたの」と言われ、借金とギャンブルを初めて打ち明けました。

 ◇電気ガスを止められる

 どうにかしなくてはいけないと思っていましたが、どうしたら解決するのか分かりませんでした。母親から「やめなさい。施設に行きなさい」と言われましたが、「そんなことをいちいち言わないでくれ」という気持ちが強かったです。

 自分はギャンブルをしたい強い気持ちがあり、親はさせたくない。解決方法が分かりませんでした。3月に母親にばれたころから借金が増え、職場、友達、親からの窃盗がどんどん増えていきました。友達はおそらく分かってたと思います。

 すさんだ生活でした。電気、ガスが止まった中で3カ月くらい生活しました。優先順位はギャンブルが1番。1000円、2000円が惜しくて、それを公共料金に使う気がありませんでした。

 ◇本当にしたかったこと

 自殺したくなり、うつ状態になっていきました。死ぬことができる薬品が職場にたくさんあり、それを見るたびに「いつにしようか」と思っていましたが、最後は給料を使い切って母親に電話し、「どうしようもなくなった」と話しました。母が施設に連絡し、グレイス・ロードにつながりました。「最初ここに来た時はすごい顔してた」と言われます。23歳でしたが、その歳には見えなかったといいます。

 グレイス・ロードで1年を過ごし、過去のとらえ方が少しずつ変わりました。それまでは「ギャンブルをしても自分の人生だからいいや」と思っていましたが、自分が傷つけた母親だったり、父親だったり、姉、職場の人だったりについて考え始めました。

 ◇自分だけじゃない

 本当にしたかったのはギャンブルではなく、普通に遊んだり、友達と食事したりするのが大事と思えてきました。それを大事にして生きていきたかったのですが、ギャンブルにおぼれ、できなかったのです。

 グレイス・ロードに来る前は一人で抱え込んで孤独でしたが、ここでは自分の話ができます。同じ境遇、同じ思いをしている仲間がいっぱいいて、過去の境遇を仲間と重ね合わせると自分の気持ちが楽になります。自分だけじゃないと感じさせてもらえます。借金は今もあります。

〔関連記事〕

◇アルコール依存症からの回復を目指して=東京断酒新生会-前園真聖の現場リポート〔1〕

◇薬物依存からの回復を目指して =川崎ダルクー前園真聖の現場リポート〔2〕

◇「一人酒」はアルコール依存症の要注意サイン=患者への望ましい対応は

◇ギャンブル依存は病気、回復可能=目指すは治療プログラムの普及

◇過度なスマホ依存で脳機能低下=デジタル認知症

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会