話題

女性の4大悩み「うこぴが」を知ろう
3月1日~8日は女性健康週間

 うつ病・更年期・PMS(月経前症候群)・がん―女性の代表的な心身の悩みの頭文字をとって「うこぴが」と名付け、認知度を高めるための活動が、女性健康週間(3月1~8日)を前に始まった。活動の中心となるのは、諸団体や企業が連携して女性の健康増進に取り組むウィメンズ・ヘルス・アクション実行委員会(代表・吉村泰典内閣官房参与・慶応大名誉教授)。

 メディアセミナーで講演する対馬ルリ子氏
 2月13日のメディアセミナーで講演した副代表の対馬ルリ子氏(女性医療ネットワーク理事長・産婦人科医)は、「家族のために自分の健康を後回しにして、つらい症状を治療せず我慢している女性が多い」と述べ、「うこぴが」に代表される女性特有の心身の不調について正しい情報を得ることの重要性を強調した。

 ◇「う」うつ病は男性の2倍

 対馬氏は、女性のうつ病の生涯有病率が男性の2倍に相当することを指摘。「女性はホルモンの変動があるため気分が変動しやすく、月経前や産後や更年期にも、うつがある。少しおかしいと思ったときに我慢してしまうと、自殺につながる恐れもある。放置せずに早めにかかりつけ医に相談してほしい」と述べた。

 ◇「こ」更年期障害に社会的サポートを

 女性は年齢とともに女性ホルモンの分泌量が低下し、それに伴い、ほてりや発汗、睡眠障害などさまざまな症状が起こる。閉経をはさんで45~55歳くらいに起こるのが更年期症状で、日常生活に支障を来すほどになると更年期障害という病気になる。

 対馬氏は「更年期障害があっても誰にも相談できず、仕事を辞めてしまう女性も多い。社会的サポートが少な過ぎるのが問題」と訴えた。

 ◇「ぴ」PMSはホルモン変動が影響

 女性の体内で二つの女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)のバランスが変調を来すと、心身の不調を招く。排卵から月経前の黄体期に、頭痛、腹痛、むくみ、肩こり、便秘、イライラなどさまざまな症状を起こすのがPMS(月経前症候群)だ。

 対馬氏は「不調があると、どんどん自信がなくなって、本当にやりたいことができなくなっていく。女性ホルモンをコントロールすれば症状は改善できる。我慢せず婦人科医に相談してほしい」と呼び掛けた。

 ◇「が」がん検診率、OECD諸国で最低

 子宮頸(けい)がんに関して「検診率が上がらないのは経済協力開発機構(OECD)諸国の中で日本だけ。しかし、検診を受けない女性を責めるのではなく、なぜ受けられないのかを考えていかなければならない」と問題提起。子宮頸がんワクチンについては「多くの国で接種率は9割以上に上がっている。日本でも接種が進めば、子宮頸がんは9割減になるのではないか」と述べた。

  • 1
  • 2

新着トピックス

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会