大橋裕一 医師 (おおはしゆういち)

南松山病院

愛媛県松山市朝生田町1-3-10

  • 眼科
  • 教授

眼科

専門

眼感染症、角膜手術、角結膜疾患

大橋裕一

眼感染症と角膜移植及び屈折矯正手術ではスペシャリスト。大橋裕一医師が診療する"角膜クリニック"はドライアイなど角結膜に関するあらゆる疾患に対応し、realtime PCRによる病原体迅速診断、角膜移植手術ではDASEK(角膜内皮移植術)、FLAK(フェムトセカンドレーザー角膜移植術)をいち早く導入し、高い成功率を誇っている。また、屈折矯正手術においても、フェムトセカンドレーザーを用いた最先端の手技を実施している。また、最近増加しているコンタクトレンズ装用者の角膜感染症をはじめ、眼感染症の診療にも大きな力を注いでいる。同科は[角膜][ドライアイ][緑内障][白内障][弱視・斜視][涙道]などあらゆる眼疾患をカバーする専門外来を持ち、患者のニーズを考慮した優しい医療を提供している。

診療を受けるには

完全予約制

医師プロフィール

1975年 大阪大学医学部卒業
1975年 大阪大学医学部眼科入局
1978年 大阪大学微生物病研究所助手
1982年 米国UCSF プロクター眼研究所留学
1985年 関西労災病院眼科部長
1992年 愛媛大学医学部眼科教授
2003年 愛媛大学医学部付属病院長
2006年 愛媛大学理事・副学長
2021年4月 南松山病院

所属学会

日本眼科学会(専門医)、日本角膜学会、日本眼感染症学会、日本コンタクトレンズ学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本眼手術学会、日本角膜移植学会、日本眼炎症学会など

主な著書

『角膜クリニック』(2003年 医学書院)
『コンタクトレンズ Ad Libitum』(2004年 南江堂)
『眼感染症の謎を解く』(2009年 文光堂) など
(更新日:2022年3月14日)