横井則彦 医師 (よこいのりひこ)

京都府立医科大学附属病院

京都府京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465

  • 眼科
  • 病院教授

眼科

専門

ドライアイ、角結膜疾患、涙液疾患

横井則彦

ドライアイ研究会世話人代表、日本シェーグレン症候群学会理事、日本涙道・涙液学会理事を務めるドライアイの診療・研究におけるプロフェッショナル。担当するドライアイ専門外来では、シェーグレン症候群を含むドライアイ、マイボーム腺機能不全、上輪部角結膜炎、結膜弛緩症などの結膜疾患の他、眼表面疾患、角膜疾患の診療をしている。自ら共同開発した最新の検査法や治療法を用いて個々の患者の涙と上皮の状態を的確に診断。病気の重症度と患者のニーズに合わせた治療を行なっている。治療においては患者に合わせた点眼液の選択を行い、重症例に対しては、涙点閉鎖術、眼表面・眼瞼の形成術などを行なっている。

診療を受けるには

紹介状は望ましいが、なくても受診可。予約は不要だが、医師が不在でないか要確認。横井医師の診察日は火曜と金曜。待ち時間は3時間以上になることも。医師の指名は可能。

医師プロフィール

1984年 京都府立医科大学 卒業
1986年 京都府立医科大学 助手
1995年 京都府立医科大学 講師
1996年 オックスフォード大学 ナフィールド眼研究所 研究員
1999年 京都府立医科大学 助教授
2007年 京都府立医科大学 准教授
2016年 京都府立医科大学 病院教授

所属学会

日本眼科学会評議員、日本角膜学会評議員、ドライアイ研究会世話人代表、日本シェーグレン症候群学会理事、日本涙道・涙液学会理事

主な著書

『先端技術が応える!中高年の目の悩み』 (2011年 集英社新書)
(更新日:2021年6月8日)