清水公也 医師 (しみずきみや)

山王病院

東京都港区赤坂8-10-16

  • アイセンター(眼科)
  • センター長、教授

眼科

専門

白内障、屈折矯正手術

清水公也

東京大学大学院で博士号を取得、武蔵野赤十字病院眼科部長を経て北里大学医学部眼科主任教授となり、2016年4月より山王病院アイセンター長に就任。世界初となる点眼麻酔や前嚢切開による眼科手術、ディスポ―ザブル眼内レンズ、乱視矯正眼内レンズの開発など、現代の白内障手術の礎を築いたパイオニアであり、国内で初めてレーシックや眼内コンタクトレンズ(ICL)などの屈折矯正手術を導入した。清水公也医師が開発した貫通孔付き眼内コンタクトレンズ(ICL KS-AquaPORT)は世界的なトレンドになっている。

診療を受けるには

午前の受付時間は8時30分から11時30分、午後は13時から16時30分まで。お電話でご予約が必要。清水公也医師の診察は完全有料予約制。

医師プロフィール

1976年 北里大学医学部卒業
同年  北里大学医学部眼科学教室
1978年 東京大学医学部眼科学教室
1984年 東京大学医学博士
1985年 武蔵野赤十字病院眼科部長
1998年 北里大学医学部 眼科学教室 主任教授
2016年 山王病院アイセンター センター長、国際医療福祉大学 教授

所属学会

北里大学名誉教授、日本眼科学会専門医/指導医/名誉会員、日本白内障屈折矯正手術学会名誉会員、日本眼科手術学会理事/名誉会員、日本角膜学会評議員、日本眼光学学会理事、国際眼内レンズ移植クラブ(IIIC)理事、アジア太平洋白内障・屈折手術学会(APACRS)理事、米国眼科学会会員、米国眼内レンズ屈折矯正手術学会会員、欧州白内障屈折矯正手術学会会員、社会福祉法人ねむの木学園理事、公益財団法人アイメイト協会理事
(更新日:2019年9月18日)