宮田和典 医師 (みやたかずのり)

宮田眼科病院

宮崎県都城市蔵原町6街区3

  • 眼科
  • 院長

眼科

専門

白内障、角膜

宮田和典

宮田和典医師は、角膜と白内障のスペシャリスト、数多くの臨床研究の実績を持ち、白内障の検査方法・眼内レンズ・人工角膜ではエキスパートとして知られる。近年、ICLによる屈折矯正手術を受ける患者も増加。手術を受けた症例の白内障手術では、光線追跡を用いた斬新な方法を適用、角膜移植手術では国内で初めて人工角膜を導入するなど、最先端の技術を積極的に取り入れ、手術後の眼鏡からの解放・軽減を目指ざしている。大学での最先端の研究や学生・若い医師の教育にも力を入れている。

診療を受けるには

要予約、紹介状不要、待ち時間約1.5時間、医師の指名可能。白内障手術は3ヶ月待ち。

医師プロフィール

1984年3月 久留米大学医学部 卒業
1984年6月 東京大学医学部眼科入局
1986年1月 東京大学医学部眼科助手
1991年2月 東京大学医学部眼科講師
1991年11月 博士号取得 東京大学医学部
1991年 エキシマレーザーの厚生省治験開始
1994年9月 カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学(角膜内皮研究)
1997年4月 帰国
1997年4月 医療法人明和会宮田眼科病院副院長
1998年4月 東京大学医学部眼科非常勤講師兼任
1999年4月 医療法人明和会宮田眼科病院院長
2000年4月 宮崎大学(前宮崎医科大学)臨床教授兼任
2008年4月 医療法人明和会理事長 宮田眼科病院院長

所属学会

【各種団体役職】日本眼科学会監事、日本眼科学会評議員、日本眼科手術学会理事、日本角膜移植学会理事、日本角膜学会評議員、日本白内障屈折矯正手術学会理事、日本眼炎症学会理事、宮崎県眼科医会理事、宮崎県アイバンク協会理事、日本白内障学会評議員、日本アイバンク協会評議員

【所属学会】日本臨床眼科学会、日本白内障学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本眼感染症学会、日本眼炎症学会、日本感染症学会、日本糖尿病眼学会、日本網膜硝子体学会、日本角膜学会、日本緑内障学会、アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)、アメリカ眼科学会(AAO)、視覚と眼科学研究協会(ARVO)、ヨーロッパ白内障屈折矯正手術学会(ESCRS)、日本コンタクトレンズ学会、日本眼光学学会、日本眼科AI学会

主な著書

『白内障手術』(銀海社)
『白内障手術 第2版』(2009年 銀海社)
『眼科治療の最前線シリーズ①近視矯正とドライアイ』(2004年 中央通信社)
『元気になる本 治療はたったの10分 近視矯正手術』(2000年 主婦の友社)
(更新日:2021年6月9日)