徳田芳浩 医師 (とくだよしひろ)

井上眼科病院

東京都千代田区神田駿河台4-3

  • 眼科
  • 副院長

眼科

専門

白内障、眼内レンズ手術

徳田芳浩

眼科手術の中でもっとも数が多い白内障を中心とした水晶体疾患を専門とする。各眼疾患のエキスパートをそろえたデパート方式の井上眼科病院は白内障手術症例数は年間8,000例と国内一の実績を誇る。一般白内障の手術は常勤医全員が行えるが徳田芳浩医師はそのなかでもほかの常勤医では行えない難症例白内障の手術を手掛ける。他の眼疾患があり、手術が比較的難しい症例はもちろんのこと、一般の眼科ではきわめて症例の少ない小児白内障や、全身の病気に伴う白内障の手術の執刀を行う。

医師プロフィール

1985年3月 広島大学医学部医学科 卒業
1985年4月 東京女子医大眼科学教室 入局
1987年4月 新川橋病院 入職
1995年4月 井上眼科病院 入職
1999年4月 井上眼科病院 副院長
(更新日:2014年6月4日)