松島博之 医師 (まつしまひろゆき)

獨協医科大学病院

栃木県下都賀郡壬生町北小林880

  • 眼科
  • 准教授

眼科

専門

白内障

松島博之

白内障と後発白内障、白内障難症例の手術において高い評価を得ている松島博之医師。白内障手術と眼内レンズの最新情報を取り入れ、患者に合った術式および眼内レンズを選択、治療している。通常の白内障手術では患者の不安に対応し、痛みやストレスの少ない手術を心がけている。進行した白内障、過去の目のけがや緑内障・網膜疾患、アトピー皮膚炎など他の病気も合併しているなど、手術困難な症例は、まず目の状態を把握するために詳細に検査を行い、術中に合併症の処置をしながら、通常の白内障手術よりも時間をかけて確実に丁寧にゆっくり手術を行っているという。

診療内容

「眼科は白内障の他、妹尾教授千葉准教授(角膜疾患・屈折矯正手術)、須田講師(黄斑疾患)、高橋講師(網膜硝子体疾患)、鈴木講師(ぶどう膜炎)も診療にあたり、ほとんどすべての眼科疾患に対応可能です」(松島医師)
学会、研究活動も盛んで、地方でありながら最新の医療技術を取り入れている。医局員全員で切磋琢磨しながら、地域医療に貢献しつつ、毎年たくさんの臨床、研究成果をあげているという。
眼内レンズの選択にあたっては「乱視の強い症例には乱視矯正眼内レンズ、色を重視する美術・技術関連の仕事をしている症例には着色眼内レンズ、老眼も治したい症例には多焦点眼内レンズ(先進医療)など、患者さんと話をしながら適した眼内レンズを選ぶ」というように、患者のライフスタイルまで思いやり、細やかな配慮をしている。

医師プロフィール

1991年 獨協医科大学医学部卒業同大学病院眼科学教室臨床研修医
1993年 獨協医科大学眼科学教室助手、熊谷総合病院勤務
1995年 ワシントン州立大学分子生物学教室留学
1997年 獨協医科大学眼科学教室助手 
2003年 獨協医科大学眼科学教室講師 
2006年 獨協医科大学眼科学教室准教授
現在に至る