小沢忠彦 医師 (こざわただひこ)

小沢眼科内科病院

茨城県水戸市吉沢町246-6

  • 眼科・内科(糖尿病)
  • 院長

眼科 内科 内分泌科・糖尿病

専門

急性期から症状の安定した慢性期医療まで、白内障

小沢忠彦

日本医科大学医学部を卒業し、昭和大学眼科学教室入局。「眼内レンズの生体適合性」の研究を行う。昭和大学・谷口重雄教授の門下生で「難症例白内障に対する手術技術」を継承。現在は外科系眼科医として白内障、網膜硝子体、角膜移植、眼瞼形成、外傷等、多岐にわたる手術を行う。日本眼科医会副会長、日本眼科学会プログラム委員の他、学会・医会で多くの役員を任務。眼科専門医制度における指導医で、若手医師の育成にも力を注ぐ。海外で医療ボランティアを行うなど、活動の範囲は広い。
低侵襲で超音波白内障手術が行える器具を開発し、2017年ヨーロッパでの学会にて発表。グランプリ(世界第一位)受賞。

医師プロフィール

1984年 日本医科大学卒業
1984年 昭和大学医学部眼科学教室入局
1988年 医学博士号取得
1989年 昭和大学医学部眼科学教室兼任講師就任
1989年 (医)小沢眼科内科病院 病院長就任
2004年 茨城県病院協会 理事
2008年 茨城県眼科医会 会長、茨城県アイバンク 常任理事
2010年 日本眼科医会 常任理事、茨城県医師会救急医療協会副会長
2013年 ESCRS(ヨーロッパ白内障屈折矯正学会)グランプリ(世界第一位)受賞
2018年 日本眼科医会 副会長
(更新日:2019年9月26日)