赤星隆幸 医師 (あかほしたかゆき)

日本橋白内障クリニック

東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル3F

  • 眼科
  • 手術部長

眼科

専門

白内障

赤星隆幸

世界の失明原因の第一位である白内障の新しい手術法「フェイコ・プレチョップ法」の考案者として知られる赤星隆幸医師は、白内障治療のパイオニアであり、世界的トップランナー。国内では現在年間約9,000件の白内障手術をこなし、その数は日本一。2015年には年間10,398件の白内障手術を行いギネスブックに申請。自ら開発した知識や技術を広めるべく、海外の大学の眼科客員教授を併任しており、手術教育にも尽力している。今までに、世界67カ国で白内障手術に関する学術講演や公開手術を行い、現在でも海外の学会からの招聘を受けて、世界中を飛び回っている。

白内障手術の分野で最も貢献した眼科医に授与される第10回Kelman賞の2017年度受賞者に日本人として初めて赤星医師が選ばれました。2017年3月にギリシアで授賞式が行われました。

医師プロフィール

1957年生まれ
1982年 自治医科大学卒業
1982年 自治医科大学眼科研究員
1986年 東京大学医学部付属病院眼科医員
1989年 東京女子医科大学糖尿病センター眼科助手
1991年 三井記念病院眼科科長
1992年-2017年 三井記念病院眼科部長
2018年 日本橋白内障クリニック、秋葉原アイクリニック手術部長

-ほか役職-
Harbin医科大学眼科客員教授、Fudan大学(旧上海医科大学)眼科客員教授、米国イリノイ大学眼科客員教授、マレーシア大学眼科客員教授
(更新日:2019年10月15日)