遠谷茂 医師 (えんたに しげる)

遠谷眼科

兵庫県尼崎市塚口町1-10-31

  • 眼科
  • 院長

眼科

専門

白内障、屈折矯正手術

遠谷茂

遠谷茂医師は白内障手術の進化に対して常に敏感である。1986年に兵庫県で初めて白内障の日帰り手術を実施。2007年には同じく県初の多焦点眼内レンズ(遠近両用眼内レンズ)による白内障手術を行った。その他にも関西眼科専門医初のレーシックを1999年から行うなど、世界水準の眼科治療を率先して導入してきた。白内障手術だけでも2万例以上に及ぶ実績を持つスペシャリスト。「眼科手術の基礎に常に忠実で、見せかけではない本当に質の高い医療を提供していきたい」と語っている。

医師プロフィール

1978年3月 京都大学医学部 卒業
1985年3月 京都大学大学院医学研究科博士課程修了
京都大学医学部附属病院、神戸市立中央市民病院(現神戸市立医療センター中央市民病院)、兵庫県立塚口病院を経て
1986年 遠谷眼科を開院
(更新日:2014年6月4日)