江口秀一郎 医師 (えぐちしゅういちろう)

江口眼科病院

北海道函館市末広町7-13

  • 眼科
  • 院長

眼科

専門

白内障

江口秀一郎

江口医院は函館で開業して70年余り。南北海道の眼科中枢病院的役割を果たしており、道内、東北地方からの来院患者も多い。同院で院長を務める江口秀一郎医師は脱臼水晶体や眼内レンズ落下症例をはじめとする白内障難症例手術対策のパイオニア的存在。眼科医療の最新情報を素早く集め、取捨選択して、有益な治療法をいち早く患者に還元している。無料住民健診、過疎地の学校医活動、老健施設での検診、往診活動、眼球銀行活動など地道な活動も続け、地域の眼科医療と福祉の向上を図っている。

診療内容

同院は1942年の開院以来、南北海道の眼科中枢病院的役割を果たしており、北海道内、東北地方からの来院患者も多い。あらゆる眼疾患に対し最新の設備と多数のスタッフが最新技術で治療に当たっている。同院で院長を務める江口医師は脱臼水晶体や眼内レンズ落下症例をはじめとする白内障難症例手術対策のパイオニア的存在である。水晶体嚢リング、眼内レンズ交換、後房レンズ毛様体縫着にも対応し、また外眼部手術のリーダーであり、炭酸ガスレーザーを用いた小切開眼瞼下垂手術の先駆者としても知られている。医師同士の評価で選ばれる「Best Doctors in Japan」に連続して選出されるなど、その実績は国内外で高く評価されている。
白内障は手術に伴う合併症の問題もあり、手術を先延ばしにして物が見えないくらいに視力が低下してから手術を行う、という考えが長年根強く残っていた。しかし、現在では患者の職業や生活状態に応じて、いつでも手術ができるようになっている。眼内レンズが健康保険の適応になり、治療が受けやすくなったことも影響しているだろう。
「自覚症状があったらまず眼科を受診してください。白内障かどうか、他の病気がないかどうか、当面の対策はどうしたらよいかなど総合的に判断します」と江口医師も早期受診を勧める。
現在、白内障の手術は主に、濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波乳化吸引術)、人工のレンズ(眼内レンズ)を入れるという方法が行われている。一般的な白内障手術では、単焦点眼内レンズを使用するが、近年Quality of Vision(見え方の質)を向上させるレンズとして多焦点眼内レンズが注目さている。同院は先進医療を行う施設として厚生省から認可を受け、多焦点眼内レンズにも積極的に取り組むとともに、最新の乱視矯正眼内レンズも行っている。
「挿入した眼内レンズがきちんと収まっているか、合併症が表れていないかなどを確認するためにも、手術後しばらくの間は定期的な受診を勧めています」と術後のケアの大切さを訴える。

医師プロフィール

1981年 日本大学医学部 卒業
1981年 東京大学医学部眼科学教室入局
1986年 公立昭和病院眼科医員
1987年 医学博士授与(東京大学)
1988年 東京大学医学部眼科講師(病棟医長)
1988年 カリフォルニア大学サンフランシスコ校眼科客員教授
1995年 江口眼科病院副院長
2004年 江口眼科病院院長