常岡寬 医師 (つねおかひろし)

東京慈恵会医科大学附属病院

東京都港区西新橋3-19-18

  • 眼科
  • 名誉教授

眼科

専門

白内障

常岡寬

常岡寬医師は、従来の小切開白内障手術よりも、さらに小さな創口から白内障手術を行う極小切開白内障手術を世界に先駆けて開発した。これにより侵襲の少ない白内障手術が可能になり、現在では2.0mm前後の創口で白内障手術を行っている。めざすのは『痛くない手術法、良好な視機能』。患者の都合や術後の眼の状態にもよるが、希望をすれば日帰りも可能という。白内障の手術を、安全でより身近に感じさせてくれる。大切な眼の治療を安心して任せることができる医師である。

2017年3月末日にて退任。現在、新規の患者の受付は行っていない。

医師プロフィール

1976年 東京慈恵会医科大学 卒業
1980年 東京慈恵会医科大学 大学院 修了   
1985年 国立相模原病院 眼科 医長
1990年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 講師
1996年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 助教授
2000年 東京慈恵会医科大学 附属第三病院眼科 診療部長
2007年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 主任教授
2010年 日本眼科手術学会 理事長(2014年まで)
2017年 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 名誉教授
(更新日:2017年4月28日)

同じ疾病を専門とする医師一覧