秋穂裕唯 医師 (あきほひろただ)

北九州市立医療センター

福岡県北九州市小倉北区馬借2-1-1

  • 消化器科
  • 主任部長

消化器科 内科

専門

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸疾患、消化管がん、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患

秋穂裕唯

秋穂裕唯医師は、消化器内科主任部長として食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の疾患、IBS・消化管がん・炎症性腸疾患の診療に当たる。機能性消化管疾患に関し2011年度から日本消化器病学会機能性消化管疾患診療ガイドライン-IBS委員会・作成委員会委員、2014年度から日本消化器病学会附置研究会・便秘症診療ガイドライン作成委員としてエビデンスに基づく診療ガイドラインの作成に従事している。炎症性腸疾患に関しては新規治療薬の治験を行っている。

診療内容

消化器科では、午前中に上部およびS状結腸までの大腸内視鏡検査、超音波内視鏡検査,消化管X線検査、午後からは大腸内視鏡検査、治療内視鏡(粘膜下層剥離術、粘膜切除術、超音波内視鏡下穿刺吸引生検、ポリペクトミー、ステント留置術、総胆管結石除去術、アルゴンプラズマ凝固法、食道静脈瘤硬化療法ほか)を毎日行っている。絶食で来院した場合は、可能な限り当日に上部消化管内視鏡検査を行う。「丁寧な内視鏡検査」を心がけており、2011年からは大腸内視鏡検査は全例CO2送気で行い、患者の苦痛の軽減に努めている。
消化管のがんでは、診断の後、必要に応じて内視鏡・抗がん剤による治療を行う。秋穂医師は「消化管のがんは早期に発見されると完治可能」と言う。
同科では、2001年から早期胃がんを内視鏡で切除する「内視鏡的胃粘膜下層剥離術(ESD)」を開始。胃のESDで重要な範囲診断も、NBI拡大内視鏡、酢酸インジゴカルミン散布法の併用により確実なものにしている。また、多くの最新機器を的確に使い分けることで、短時間でがんを確実に切除し、合併症を最小限に抑えている。これらの処置にはクリニカルパスを使用し、質の高いチーム医療の確立、治療の標準化、在院日数の短縮を図っている。2001年から2016年12月までに施行した胃のESDは1,700例以上。食道のESDは392例、大腸のESDは754例を経験。これは九州地区でトップクラスの数字だ。また、消化管悪性腫瘍の化学療法を年間100例以上行なっている。可能な限り外来化学療法室と連携して治療を行ない、患者のQOLの向上を第一に考えている。
炎症性腸疾患(IBD)は外来を中心に潰瘍性大腸炎年間約140例、クローン病年間約70例を診療している。同院には小児科があり、小児発症例も多数診療。生物学的製剤により、絶食・TPN管理で長期入院を要するIBD患者は減少している。他の生物学的製剤も次々に開発され、その治療効果に手ごたえを感じている。(接着分子阻害剤、抗IL-12/23R抗体、JK阻害剤)
過敏性腸症候群(IBS)に関しては、原因としてストレス、神経の関与が考えられていたが、近年、腸管局所の免疫系の異常が原因となる事が明らかとなってきた。
秋穂医師は1999年よりIBS研究の中心であるカナダのマクマスター大学コリンズ教授の下、博士研究員としてIBSの研究を始め、学会、英文誌にIBSにおける免疫担当細胞、サイトカインの関わりについて発表してきた。帰国後、九州大学第3内科消化器研究室に帰室し、この研究を現在も続けている。2011年度より日本消化器病学会IBSガイドライン委員会作成委員に選出され、2014年4月にエビデンスに基づくガイドラインが出版された。

医師プロフィール

1989年 高知医科大学医学部卒業、九州大学第3内科入局
1997年 九州大学医学博士授与 Gastroenterology 109: 1105-1112, 1995
1999年 カナダマクマスター大学博士研究員(消化器内科学)
2002年 麻生飯塚病院消化器内科医長
2004年 九州大学病院 第3内科消化器研究室 助手、助教、講師を経て
2011年 北九州市立医療センター 消化器内科主任部長

「過敏性腸症候群」を専門とする医師