秋穂裕唯 医師 (あきほひろただ)

北九州市立医療センター

福岡県北九州市小倉北区馬借2-1-1

  • 消化器科
  • 副院長
  • 統括部長

消化器科 内科

専門

食道、胃、十二指腸、小腸、大腸疾患、消化管がん、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患

秋穂裕唯

秋穂裕唯医師は、統括部長として食道・胃・十二指腸・小腸・大腸の疾患、IBS・消化管がん・炎症性腸疾患の診療に当たる。機能性消化管疾患に関し2011年度から2018年度まで日本消化器病学会機能性消化管疾患診療ガイドライン-IBS委員会・作成委員会委員に従事した。
2014年度から日本消化器病学会附置研究会・便秘症診療ガイドライン作成委員としてエビデンスに基づく診療ガイドラインの作成に従事している。炎症性腸疾患に関しては新規治療薬の治験を行っている。

診療を受けるには

診察時間は、初診受付時間:8:00~11:00まで。初診時には原則、予約をして紹介状を持参する必要がある。待ち時間は約1時間。秋穂医師を指名して診察を受けることができる。

医師プロフィール

1989年 高知大学医学部卒業、九州大学第3内科入局
1997年 九州大学医学博士授与 Gastroenterology 109: 1105-1112, 1995
1999年 カナダマクマスター大学博士研究員(消化器内科学)
2002年 麻生飯塚病院消化器内科医長
2004年 九州大学病院 第3内科消化器研究室 助手、助教、講師を経て
2011年 北九州市立医療センター 消化器内科主任部長
2018年 北九州市立医療センター 統括部長
2020年 北九州市立医療センター 副院長

所属学会

日本消化器病学会(専門医、指導医、指導医責任者、学会評議員、慢性便秘ガイドライン委員)、日本内科学会(認定医、臨床指導医)、日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医、指導施設代表者、社団評議員)、日本消化管学会(胃腸科認定医、専門医、指導医、指導施設代表者)、米国消化器病学会(AGA Fellow)、臨床研修指導医、難病指定医、日本がん臨床試験推進機構JACCRO

主な著書

Akiho H, Yokoyama A, Abe S, Nakazono Y, Murakami M, Otsuka Y, Fukawa K, Esaki M, Niina Y, Ogino H.
Promising biological therapies for ulcerative colitis: A review of the literature.
World J Gastrointest Pathophysiol 2015 November 15; 6(4): 219-227.

Akiho H, Tokita Y, Nakamura K, Satoh K, Nishiyama M, Tsuchiya N, Tsuchiya K, Iwakura Y, Ihara E, Takayanagi R, Yamamoto M.
Involvement of interleukin-17A-induced hypercontractility of intestinal smooth muscle cells in persistent gut motor dysfunction. PLoS One 2014 May 5;9(5):e92960.

Akiho H
Effects of herbal medicines in patients with irritable bowel syndrome.
Jornal of Gastroenterology and Hepatology Research 2013 21(2):387-390.

Ogino H, Akiho H
Usefulness of percutaneous endoscopic gastrostomy for supportive therapy of advanced aerodigestive cancer. World J Gastrointest Pathophysiol 2013:Nov 15;4(4):119-125.

Akiho H
Constipation and Irritable Bowel Syndrome: Causes, Treatments and Prevention.
The role of serotonin in irritable bowel syndrome.
2012:109-121 Nova Science Publishers, Inc.

Honda K, Akiho H
Endoscopic submucosal dissection for early esophageal neoplasms.
World J Gastrointest Pathophysiol 2012 April 15; 3(2): 44-50.

Akiho H, Ihara E, Motomura Y, Nakamura K.
Cytokine-induced alterations of gastrointestinal motility in gastrointestinal disorders.
World J Gastroenterol Pathophysiol 2011 Oct 15; 2(5): 72-81

Akiho H, Nakamura K:
Daikenchuto ameliorated muscle hypercontractility in a murine T-cell-mediated persistent gut motor dysfunction model.
Digestion 2011 83(3):173-179

Akiho H, Deng Y, Blennerhassett P, Kanbayashi H, Collins SM:
Mechanisms underlying the maintenance of muscle hypercontractility in a model of post-infective gut dysfunction.
Gastroenterology 2005 129(1):131-141

秋穂裕唯
便秘症診断のポイント(短時間で要領よく診断し、患者の愁訴を組み入れるコツは?)と便秘症の分類(病型分類の鑑別診断アルゴリズム、便排出障害型、結腸通過時間正常型便秘、結腸通過時間遅延型便秘など、それらをどう鑑別するか)
消化器内科 Vol.2 No.1 21-30, 2020

秋穂裕唯
患者満足度の高い便秘診療
⑩薬物治療:分泌型下剤の使い方と注意点(ルビプロストンとリナクロチド)
Medicina 57(9)1472-1476, 2020

秋穂裕唯
過敏性腸症候群の診断
特集機能性消化管疾患:下部
日本臨床 77巻11号 1781-1786, 2019

秋穂裕唯
過敏性腸症候群(IBS)
消化器の臨床20年の歩み‐消化器疾患治療はどう変わったか
消化器の臨床 2017;20(5):356-360.

秋穂裕唯
麻薬などの薬物性便秘患者への対処の基本
臨床医のための慢性便秘マネジメントの必須知識 医薬ジャーナル社 2015:170-175.
秋穂裕唯、中村和彦 IBSの薬物療法 日本消化器病学会誌 2014;111:1353-1358.

秋穂裕唯 IBSの診断基準と確定診断へのプロセス 消化器の臨床 2014;17(5):417-422

秋穂裕唯 IBSと炎症 消化器の臨床 2013 16(1):25-30.

秋穂裕唯 腹部症状とセロトニン GI research 19(6): 567-574, 2011
秋穂裕唯 活性化T細胞が引き起こす腸管運動の停滞に大建中湯が効(2011年 日経メディカル)
その他多数
(更新日:2021年1月14日)