稲森正彦 医師 (いなもりまさひこ)

横浜市立大学附属病院

神奈川県横浜市金沢区福浦3-9

  • 消化器内科・医学教育学
  • 主任教授

消化器科 内科

専門

消化器内科学、 内科学一般、医学教育

稲森正彦

稲森正彦医師はこれまで十数年にわたり、横浜市立大学附属病院において胸やけ外来を開設し、胃食道逆流症、逆流性食道炎の診断・治療・研究に力を注いできた。消化器内科を受診する患者の大部分が機能性疾患だと言われている。主に消化管機能性疾患について年間のべ1,000人の患者の治療を行う。近年では胸やけ・腹痛外来と名称変更し、機能性胃腸症(FD)や過敏性腸症候群(IBS)も含めた診療を行っている。同時に、患者のQOL(生活の質)をより向上させるために最適な治療を探究しているという。

診療を受けるには

稲森医師による診察は原則として毎週火曜の午後。初診の場合、初回は他の医師の診察となることがある。紹介状を持参。待ち時間は平均2時間ほど。

医師プロフィール

1996年3月 横浜市立大学医学部 卒業
1996年4月 横浜市立大学医学部附属病院臨床研修医
1998年4月 同常勤特別職
1999年4月 公立刈田総合病院医員
2004年3月 横浜市立大学医学部第三内科学大学院卒業
2004年4月 横浜市立大学医学部附属病院常勤特別職
2005年4月 横浜市立大学医学部助手
2007年4月 同助教
2011年2月 横浜市立大学附属病院助教
2011年4月 横浜市立大学附属病院講師・臨床研修センター副センター長
2014年4月 横浜市立大学附属病院准教授・臨床研修センターセンター長
2016年4月 横浜市立大学医学部医学教育学 主任教授

所属学会

日本内科学会(認定医、総合内科専門医)、日本消化器病学会(専門医、支部評議員、学会評議員)、日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医、地方会評議員、学会評議員)、日本消化管学会(認定医、代議員)、日本温泉気候物理医学会(温泉療法医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)、日本医師会(認定産業医)、日本神経消化器病学会(評議員)、日本プライマリ・ケア連合学会、日本平滑筋学会(評議員)、日本安定同位体・生体ガス医学応用学会(監事)、日本医療・病院管理学会、日本医学教育学会(代議員)

主な著書

『新体系看護学4 疾病の成り立ちと回復の促進』(メヂカルフレンド社)
『TECHNICAL TERM 消化管』(2003年 先端医学社)  
『フォローアップ検査ガイド』(2003年 医学書院) 
『からだの百科事典』(2004年 朝倉書店)
『消化器学』(メジカルビュー社)

論文
Clinical study of gastroduodenal disorders associated with Low-dose aspirin in Japanese patients.2009年01月

The continuous real-time 13C-octanoate breath test for patients with nonalcoholic steatohepatitis using the BreathID system.2009年01月

Management of acute lower intestinal bleeding: what bowel preparation should be required for urgent colonoscopy? 2009年01月

The outcome of transarterial chemoembolization (TACE) monotherapy and combined TACE with percutaneus ethanol injection (PEI) or radiofrequency ablation (RFA) therapy for hepatocellular carcinoma (HCC). 2008年12月

Characteristics of small bowel injury in symptomatic chronic low-dose aspirin users: the experience of two medical centers in capsule endoscopy. 2008年12月
など英文論文200報以上

医師発信欄

横浜市立大学医学部医学教育学
Facebook: https://www.facebook.com/yokohamakinoushokakann
(更新日:2021年1月21日)