木下芳一 医師 (きのしたよしかず)

島根大学医学部附属病院

島根県出雲市塩冶町89-1

  • 消化器内科
  • 副病院長(改革担当)
  • 診療科長

消化器科 内科

専門

専門は食道疾患、逆流性食道炎、好酸球性食道炎、好酸球性胃腸炎、バレット食道、バレット食道がん、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群など

木下芳一

消化器内科のスペシャリストとして、多くの患者の悩みを解決。プライマリ・ケアの現場で診療する機会の多い消化器疾患の薬物治療を専門としており、2009年からは厚生省研究班代表としても活躍。専門は食道疾患、逆流性食道炎、好酸球性食道炎、好酸球性胃腸炎、バレット食道、バレット食道がん、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群など。なお、同院での診断・治療は、肝臓内科、光学医療診療部、腫瘍センター、臨床看護学講座などと連携して行っている。「臨床医・教育者・研究者としての仕事をできるだけバランス良く行いつつ、内科全般にわたって診療ができ、かつ消化器疾患については高度で先端的な医療を提供できる良い医師を養成する」ことを、職務上の目標としている。

診療内容

逆流性食道炎、好酸球性食道炎、バレット食道・食道がん、消化性潰瘍、機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群、好酸球性胃腸炎などの 統合的な診断、病態の評価、重症度評価、薬物治療、生活指導、内視鏡治療などを行っている。

医師プロフィール

1980年 神戸大学医学部卒業
1987年 ミネソタ州メイヨークリニックへ留学(リサーチフェロー)
1994年 神戸大学医学部老年科講師
1997年 島根医科大学第2内科教授
2002年 島根医科大学大附属病院光学医療診療部部長および卒後臨床研修センター長(兼任)
2003年 島根大学医学部第二内科学教授
2004年 島根大学医学部副学部長(兼任)
2007年 島根大学医学部学部長(兼任)
2009年 厚生労働省研究班代表(兼任)
2012年 島根大学医学部附属病院副院長(兼任)

「過敏性腸症候群」を専門とする医師