寺井千尋 医師 (てらいちひろ)

サクラビアクリニック

東京都世田谷区成城8-22-1 サクラビア成城4F

  • 内科
  • 副院長

リウマチ科 内科 内分泌科・糖尿病

専門

痛風、関節リウマチ、膠原病、AAアミロイドーシス

寺井千尋

東京大学、虎ノ門病院で腎臓病、膠原病の研修後、東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センターにてリウマチ学の診療と研究に従事。1988年より3年間米国スクリプス研究所およびUCSDでプリン核酸代謝の研究。帰国後、東京女子医大で講師、助教授の後、2008年より自治医科大学附属さいたま医療センターリウマチ膠原病科教授としてリウマチ診療に従事。2018年3月より同名誉教授・客員教授。
現在は、サクラビアクリニックに勤務。一般内科に加え専門の痛風、関節リウマチ、膠原病も診療。学会認定痛風医、高尿酸血症・痛風治療ガイドライン作成委員。

診療内容

「痛風を心配してこられる患者さんの多くは、検診で高尿酸血症を指摘されたり、痛風の激痛を経験されている場合が多いですが、中には他の原因による関節痛を痛風と心配して受診される方も居られます。多くの難しい痛風症例を診てきた経験から、痛風の悩みを解決できます。「これまで通院していても、痛風発作や尿酸値がうまくコントロールできずにお困りの方は、受診してください」と寺井医師は言う。
高尿酸血症の病態を分析し、合併症の有無などを検討した後、食事療法の指導や薬物療法を行っている。「痛風発作を繰り返すような患者さんの場合は、薬物療法はほぼ必須でしょう。薬物療法は痛風高尿酸血症治療ガイドラインに準じて行います」(寺井医師)

医師プロフィール

1978年 東京大学医学部 卒業
1980年 東京大学医学部附属病院第三内科、虎の門病院腎センターを経て
1986年 東京女子医科大学リウマチ痛風センター講師
1988年 米国スクリプス研究所、UCSD postdoctoral fellow
1991年 東京女子医科大学リウマチ痛風センター講師
1993年 サクラビア・クリニック副院長兼任
1997年 東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター助教授
2008年 自治医科大学附属さいたま医療センター 総合医学1 (リウマチ膠原病科) 教授
2018年 サクラビア・クリニック副院長、自治医科大学名誉教授・客員教授