藤森新 医師 (ふじもりしん)

両国東口クリニック

東京都墨田区両国3-21-1 グレイスビル両国8F

  • 痛風外来
  • 名誉院長
  • 帝京大学医学部名誉教授

内科 内分泌科・糖尿病 内分泌内科

専門

代謝性疾患・特に痛風

藤森新

藤森新医師は日本痛風・核酸代謝学会の「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」作りに参画するなど、わが国における高尿酸血症の診断・治療のスペシャリスト。尿酸は痛風を引き起こす物質でありながら、抗酸化作用があるなど、人間の身体に必要なものでもあると考えられている。治療によって尿酸値をどこまで下げれば、腎不全や心筋梗塞といった合併症のリスクを低減しつつ、患者の健康につなげることができるのか。藤森医師は将来の高尿酸血症・痛風治療の方向性を左右する研究に、心血を注いでいる。

診療を受けるには

予約制。診療日:月曜 9:00~13:00、水曜~金曜 9:00~17:00  電話番号:03-5638-6073 休診日: 火曜・土曜・日曜・祝日 年末年始(12月30日~1月3日)

医師プロフィール

1976年3月 東京大学医学部医学科卒業
1980年2月 帝京大学医学部第二内科助手
1986年12月 米国ミシガン大学研究員
1988年4月 帝京大学医学部第二内科講師
1990年4月 帝京大学医学部第二内科助教授
1997年4月 帝京大学医学部内科教授
2014年4月 帝京大学医学部附属病院病院長
2016年4月 帝京大学医学部附属新宿クリニック院長
2021年4月 両国東口クリニック名誉院長

所属学会

日本内科学会認定医、日本痛風・尿酸核酸学会、認定痛風医、日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、他

主な著書

『NHKきょうの健康 痛風・高尿酸血症の食事術』(2011年 主婦と生活社/監修)
『痛風に効くおいしいレシピ200』(2011年 法研)
『健診そのあとに~尿酸を自分で改善~』(2006年 法研)
『痛風の人の食事』(2002年 女子栄養大学出版)
(更新日:2021年3月12日)