天野俊康 医師 (あまのとしやす)

長野赤十字病院

長野県長野市若里5-22-1

  • 第1泌尿器科
  • 部長

泌尿器科

専門

尿路性器悪性腫瘍、男性更年期障害、性機能障害の診断と治療、性腺機能低下症のホルモン療法

天野俊康

女性のものだとばかり思われていた更年期障害が男性にもあると囁かれはじめた10年前、2002年に早くも男性更年期障害の外来を開設したパイオニア。天野俊康医師に診察してもらった結果、原因不明の体調不良が、実は更年期障害だったという人も多い。そしてもうひとつ、潜在患者が多いのがED。更年期障害と共に天野医師が力を入れているのがこの分野だ。十分なコミュニケーションと診断を経て、最適な治療法を選択。治療効果の高いその手腕を求めて全国から患者が集まっている。

診療を受けるには

男性更年期ED外来は予約制、原則的には水曜または金曜の午後。初診時の待ち時間は30分。診察は天野医師が専任で行う。

医師プロフィール

1982年 金沢大学医学部 卒業
1985年 マサチューセッツ総合病院泌尿器科研究所(米国)
1989年 金沢大学医学部大学院 卒業
1991年 金沢大学医学部泌尿器科助手・講師
1996年 長野赤十字病院 第1泌尿器科副部長
1998年 長野赤十字病院 第2泌尿器科部長
2014年 長野赤十字病院 第1泌尿器科部長

所属学会

日本性機能学会専門医・評議員、日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本生殖医療指導医、臨床修練指導医、日本癌学会、日本アンドロロジー学会評議員、日本生殖医学会など

主な著書

『男の更年期障害を治す』(2005年 講談社)
(更新日:2021年8月10日)

同じ疾病を専門とする医師一覧