髙橋悟 医師 (たかはしさとる)

日本大学医学部附属板橋病院

東京都板橋区大谷口上町30-1

  • 泌尿器科
  • 部長

泌尿器科

専門

泌尿器がん、排尿障害・尿失禁、骨盤臓器脱、ED

髙橋悟

髙橋悟医師は、泌尿器悪性腫瘍、特に前立腺がんの専門家。東京大学在職中に米国メイヨークリニックに留学し、前立腺がん手術を研修、多数の臨床経験を有し、泌尿器科腹腔鏡手術技術認定も取得。天皇陛下ご入院中の担当医師団の一人でもある。前立腺がん手術術後のEDを予防するために、積極的に海綿体神経温存術式を取り入れている。通常のEDの薬物療法にも力を入れるほか、排尿障害・尿失禁の薬物療法と手術も専門であり、腹圧性尿失禁と骨盤臓器脱の手術件数は全国屈指を誇る。

診療内容

診療では、患者が気軽にご自分の希望を言える雰囲気をつくること、納得して治療を受け満足してもらくことに心がけている。また手術に際しては、十分な説明と可能な限り患者さんに負担の少ない手術を心がけている。私は泌尿器悪性腫瘍、特に前立腺がんの専門家です。東京大学在職中に米国メイヨークリニックに留学し、前立腺がん手術を研修しました。多数の臨床経験を有し、天皇陛下ご入院中の担当医師団の一人です。泌尿器科腹腔鏡手術技術認定も取得しています。前立腺がん手術術後のEDを予防するために、積極的に海綿体神経温存術式を取り入れています。また通常のEDの薬物療法にも力を入れており、男性患者さんのQOL向上を心掛けています。もう一つの専門は、排尿障害・尿失禁の薬物療法と手術です。特に腹圧性尿失禁と骨盤臓器脱の手術件数は全国屈指です。「よくわかる前立腺の病気」(アクティブ岩波新書、岩波書店)、40歳からの女性の医学「骨盤臓器脱」(岩波書店)などの著書も出版しています。どうぞ、お気軽に受診して下さい。

医師プロフィール

1985年 群馬大学医学部医学科 卒業
1987年 東京大学助手(医学部附属病院泌尿器科)
1988年 国家公務員共済連合会虎ノ門病院泌尿器科医員
1989年 都立駒込病院泌尿器科医員
1993年 米国メイヨークリニック泌尿器科
2000年 東京大学講師(医学部附属病院泌尿器科)
2003年 東京大学助教授(医学部附属病院泌尿器科)
2005年 日本大学教授(医学部泌尿器科学講座)