榎本信幸 医師 (えのもとのぶゆき)

山梨大学医学部附属病院

山梨県中央市下河東1110

  • 消化器内科(第一内科)
  • 科長、教授

消化器科 内科

専門

消化器、肝臓

榎本信幸

榎本信幸医師の専門は消化器と肝臓の疾患で、研究テーマはウイルス肝炎、肝細胞がん、消化器疾患の分子生物学。今日まで国際肝臓学会Sherlock賞、日本内科学会奨励賞、日本消化器病学会奨励賞など多くの賞を受賞している。同科では内科的先端治療を行っており、消化管疾患では拡大内視鏡、NBI内視鏡、超音波内視鏡による早期がん診断などを実施。さらに、肝疾患ではvolume navigation system、造影超音波などを使用し、早期消化管がんの内視鏡的粘膜剥離術、肝がんのラジオ波焼灼治療・動脈塞栓療法などを行っている。

医師プロフィール

1984年3月 東京医科歯科大学 卒業
1984年6月 東京医科歯科大学第2内科
1984年12月 中野総合病院内科
1985年12月 東京医科歯科大学第2内科医員
1986年6月 総合病院取手協同病院内科勤務
1987年7月 金沢医科大学消化器内科助手
1990年12月 東京医科歯科大学霞ヶ浦分院助手
1993年4月 東京医科歯科大学第2内科助手
2001年4月 東京医科歯科大学消化器内科講師
2003年9月 山梨大学第一内科教授
(更新日:2014年5月20日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会